[ボードゲーム] 2017年上半期に遊んだゲームまとめ

2017年の01月から06月までに遊んだゲームから、初プレイで印象に残ったゲームをピックアップします。また、初プレイに限らず、遊んだタイトルの一覧も合わせて記載します。

2017年上半期ピックアップ

ASHES – RISE OF THE PHOENIXBORN

TCG(トレーディングカードゲーム)のようにデッキを構築して遊ぶゲームです。一般的なゲームにおけるマナがダイスによって決定するため、毎ラウンド使えるコストが変わってきます。

他のカードゲームと大きく異なるのが1アクションごとに手番が変わるという点です。一般的なゲームでは自分の手番でできることをすべてやってから相手に手番が交代となりますが、ASHESでは1アクションすると相手の手番になります。これが他にはない不思議なプレイ感覚です。

一箱にキャラクターが6人入っているため、いろいろな組み合わせで遊べます。さらに拡張として4キャラクターが発売されています。さらに構築ルールやドラフトルールなどもあるため、一箱あれば長く遊べます。

タイムストーリーズ

全員で協力してシナリオクリアを目指すゲームです。

頭を悩ませる謎やあっと驚く仕掛けがあり、このゲームならではの体験が味わえます。ただし、一箱で1シナリオしか遊べないため、コストパフォーマンスはあまり高くありません。

現在2つの拡張が日本語化されており、新たな拡張の発売が待たれるところです。

ニューベッドフォード

捕鯨をテーマにしたワーカープレイスメントです。

クジラが引けるかどうかに運の要素が加わるため、ガチガチな展開になりづらいです。ワーカーの数が増えず、食料供給や給料支払いといった概念がないため、そこまでキツい展開にならないのも魅力です。

拡張を加えることで新たな建物が増え、5人まで遊べるようになります。

バレッタ

デッキ構築をしつつ、資源を集め、建物を建てていきます。

すべきことは手番に3枚のカードをプレイすることだけというのが分かりやすく、とても遊びやすいです。多くのカードゲームにあるような、全部のカードを把握していないとゲームにならない、といったこともありません。

どこから建物を建てていくかで陣取りの要素もあり、さまざまな要素がしっかりまとまっている印象です。

ドミニオン:帝国

デッキ構築の定番、ドミニオンの新しい拡張です。

ランドマークのおかげで勝利点の集め方が多様になり、今までのセットさえ新鮮な気持ちでプレイできます。帝国のインパクトが強かったため、今まで買っていなかった拡張セットも何箱か購入しました。

エルドラド

デッキ構築+レースゲームです。

要素が洗練され、すべきことが明確です。カードも毎回全種類使うことになるので、1度遊べばどういったことが可能なのかよく分かります。

タイルの組み合わせによりマップが変わり、それによって戦略も変わってくるので、やるたびに新鮮な気持ちでプレイできます。

5ミニッツダンジョン

リアルタイムの協力ゲームです。

場札に応じたアイコンのカードを出していくのが基本なのですが、制限時間があるため、緊張感があります。使用するキャラクターによって特殊能力やデッキ構成が変わってくるため、いろいろなキャラクターを試してみたくなります。

ゲーム中は終始忙しいため、協力ゲームにありがちな奉行問題も起こりづらいです。

アンロック!

時間制限ありの協力タイプの脱出ゲームです。

ボードがなく、カードだけで展開するのですが、さまざまな仕掛けがあり、驚きの連続です。スマホまたはタブレットが必須で、そういったガジェットならではの仕掛けもあります。カード番号を入力することで、そのカードのヒントがスマホで分かるため、ゲームで詰みにくくなっています。

2017年上半期に遊んだゲーム一覧

ノースアメリカンレイルウェイズ、ヘラス、ハートオブクラウン、ストーンエイジ、ペッパー、ソラリウスミッション、赤ずきんは眠らない、ロレンツォ・イル・マニフィーコ、ネイションズ、ウォルナットグローブの開拓史、アイスクール、ブリュークラフターズ、ヴィアネビュラ、レジスタンス:アヴァロン、パンデミック、ASHES、ヒット・ザ・ロード、ジャストインタイム、ルネッサンスの君主、ブリスコラ・ブジャルダ、王の帰還、ディクシット、コヨーテ、株価、それは俺の右手だ、ドッペルコップ、ファルプヴェクセル、ゴリ×夢中、ドミニオン:帝国、ドミニオン:陰謀、ドミニオン:異郷、ドミニオン:繁栄、ドミニオン:冒険、ポンジスキーム、命の砂時計、エレメンツ、アグリコラ:リバイズドエディション、カシュガル、アグリコラ:ファミリーエディション、1846、タイムストーリーズ、アンドールの伝説、獅子と狛犬、キャンセレーションブラックレディ、ゲシェンク、オクラコーク、世界の七不思議、狼と七日間、ヨーヴィック、Take it Easy!、グリュックス、オルレアン、クリスマスの12日、ネイブ、グラスロード、ベルフォート、ナポレオン、人狼、キャメルアップ、コードネーム、コードネーム:ピクチャーズ、そっとおやすみ、カツカレー喰ってる場合か?、三角ごいた、フードチェーンマグネイト、コロニスト、キングドミノ、バレッタ、長江、マカバナ、La Ruota della Fortuna、Welcome to the Club!、天空の島 ラピッタ カードゲーム、2FDM、ベガス、ウィザードエクストリーム、電力会社、ダイエット&フレンズ、ホームステッダーズ、ゴニンカン、ミュー、ハツデン、マジョリティパーティー、IKI、ダイスフォージ、SCAN、キングダムビルダー、アンダーダークの暴君達、アーカムホラー ザ・カードゲーム、エルドラド、コテージガーデン、5ミニッツダンジョン、フォトパーティー、PRIVACY、マジックメイズ、テストプレイはやってない、ワトソン&ホームズ、キャプテンダイス、メルクリウス、ナショナルエコノミー メセナ、センチュリー:スパイスロード、ヒストリア、アンロック!

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。