[グルメ] FLAT WHITE COFFEE FACTORY へ

宮城県仙台市泉区にあるFLAT WHITE COFFEE FACTORY(フラット ホワイト コーヒー ファクトリー)に行ってきました。仙台にあるオシャレなカフェとしてネットなどでもよく見かけるお店です。

FLAT WHITEとは?

お店の名前ともなっている「FLAT WHITE」という単語ですが、これは実はオーストリアやニュージーランドではもっともポピュラーなエスプレッソコーヒーなのだそうです。
形状は小さなラテといった感じです。地元のカフェではフラットホワイトを注文するのが当たり前だとか。

参照:FLAT WHITE

FLAT WHITE COFFEE FACTORYへ

お店は街中ではなく、住宅街にあります。
仙台泉プレミアム・アウトレットの近くです。

真っ黒な外観が目を引きます。
訪れたのはちょうどお昼でしたが、平日ということもあり、店横にある駐車場に止めることができました。
ちょっと離れたところに第2駐車場もあるようです。

店内に入るとすぐにたくさんのビンに入った豆が並んでいるのが目に入ってきます。
豆やコーヒー器具なども売られています。

天井が高く、とても開放的な雰囲気です。
中2階にも席があります。

ちょうどお昼ということもあり、コーヒーの前に食事を。
ランチ限定のベネディクトプレートを注文しました。
ちなみにiPadで注文します。

150401_2

ベネディクトは、ベーコン、サーモン、アボカドから選ぶことができます。
今回はベーコンにしました。

ここまで普通にベネディクト、ベネディクトと言ってきましたが、実際ベネディクトというものがどういうものかよく分かっていません。ちょっと知ったかぶりしました。

エッグベネディクト(英語: Eggs Benedict)は、イングリッシュ・マフィンの半分に、ハムやベーコンまたはサーモンなどと、ポーチドエッグ、オランデーズソースを乗せて作る料理である。(Wikipediaより)

なるほど。そうだったんですね。

ベーコンエッグベネディクト登場

150401_3

ベネディクトプレートには、エッグベネディクトが1つにサラダとマッシュポテトがつきます。
ちなみにプレートではなく、通常のエッグベネディクトは2つのようでした。

ポーチドエッグにナイフを入れると、半熟の黄身がとろりと溶け出します。
うーん、おいしそう。

上にかけられたソースとからみ、とてもおいしかったです。
マッシュポテトは思ったよりも薄味でした。
全体の量は成人男性にとっては少なめですね。

さらにコーヒーを

150401_4

食後にデザートとコーヒーを頼むことに。
デザートはスイートマフィン、コーヒーはお店の名前でもあるFLAT WHITE’98を注文。
ミルクが通常のものと、豆乳から選べたので、豆乳で注文しました。

マフィンが想像以上に大きいです。
オレンジが入っていました。
かなりの量で、これによりお腹がいっぱいになりました(笑)

コーヒーは上に包み込むようなミルクがあるものの、全体としてのミルク感はそれほどでもありません。
エスプレッソの苦みが効いています。
それほどコーヒーには詳しくないのですが、これはおいしかったですね。

豆に徹底的にこだわったお店なので、コーヒー好きの人はぜひ訪れてみてはどうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)