[トランプ] ミゼルカ

3人でボードゲームをして、最後に軽めのものをということで、トランプゲーム大全に書いてあった3人専用ゲームのミゼルカを遊んでみることにしました。
トリックテイキングの中では割とシンプルなルールで、かなり楽しめたのでご紹介します。

ミゼルカのルール

使用するカード

ジョーカーを抜いた52枚すべてを使います。
カードの強さも一般的なトランプと同じ、Aが1番強く、2がもっとも弱いです。

ゲームの流れ

ディーラーはディールごとに左隣に移ります。

まず、ディーラーは各プレイヤーに6枚ずつ、さらに中央に裏向きに6枚を配ります。この中央に置かれたカードはタロンと呼ばれます。

各プレイヤーは配られた6枚のカードを確認し、ディーラーの左隣のプレイヤーが今回のゲームを決めます。自分が1度選んだゲームは以降選ぶことができません。

ゲームの種類

ゲームの種類は6種類あります。

・クラブ、ハート、スペード、ダイヤのそれぞれが切り札
・切り札なし

以上の5種類はできるだけトリックを取ることを目指します。
取ったトリック数が得点になります。

・ミゼルカ

ミゼルカではできるだけトリックを取らないことを目指します。
取ったトリック数が失点になります。

それぞれのプレイヤーが6種類ずつのゲームをするので、全18ディールを行うことになります。

ゲームを決定したならば、残りのカードを配りきります。
この際、タロンにもカードを配るため、カードは13枚ずつになります。

カードが配られたならば、交換のチャンスがあります。

ゲームを決定したディーラーの左隣のプレイヤーから交換を行います。
好きな枚数のカードを捨て、捨てた枚数だけをタロンから引きます。
交換できる枚数は0~13枚なので、交換しなくてもいいですし、全部交換しても構いません。

もし、タロンにカードが残っていれば、次にディーラーの右隣の人にも交換の機会があります。ルールは先ほどと同様です。
さらにタロンにカードが残っていれば、ディーラーもカードを交換することができます。

交換で入手したカード、捨てたカードは他のプレイヤーには見せません。

交換が終わったらなば、プレイとなります。
ゲームを決定したプレイヤーがリードします。

トリックテイキングは一般のものと同様にマストフォローです。
リードされたスートを持っていれば必ず出さなければなりませんし、なければ別のスートを出しても良いです。

得点計算

13トリックが終わったならば、得点計算となります。
この計算方法がちょっと独特です。

ディーラーの左隣 ディーラーの右隣 ディーラー
ミゼルカ以外
ミゼルカ

ミゼルカ以外は取ったトリック数から上記の数を引きます。

たとえば、ディーラーの左隣にいて、8トリック取ったならば、8ー7で1点となります。

ミゼルカの場合は、逆に上記の数から取ったトリック数を引きます。

たとえば、ディーラーの右隣にいて、6トリック取ったならば、5ー6で、-1点となります。

これを18ラウンド繰り返し、もっとも累計点が高いプレイヤーの勝利です。

遊んでみた感想

カードを交換するというのがなかなか新鮮でした。
自分でダイヤのゲームと決めておいて、交換したらダイヤが全然ないという絶望感がまた面白いです。

また独特な計算をするため、かなりトリックを取ったと思っていても、マイナスだったりするのが笑えます。

恐らくまた遊ぶだろうと思い、勢いで得点計算シートも作ってみました。

mizerka_score
エクセルファイルで公開しておくので、興味を持たれた方はぜひお使いください。

ミゼルカ得点用紙Dropboxで公開しています)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)