[ボードゲーム] アウトリブを遊ぶ上での注意点

先日、日本語版が発売されたアウトリブですが、いくつかの修正すべき情報があります。また、実際に遊んでみて勘違いしそうな点が何点かあったので併せてまとめます。

アウトリブの修正情報

日本語版の発売元であるアークライトにエラッタが掲載されています。現時点(2017年08月28日)で書いてある情報のほとんどは内容物の数の違いです。また、個人ボードにある水という表記は肉の間違いです。
アウ・トリブ完全日本語版:エラッタ

p4 ゲームの準備

次の6枚の上級ルームタイルを受け取り、その中から選んで、シェルターボードの右側スペースに~

ルールには6枚のタイルイラストが描いてありますが、正確にはランダムで6枚引き、その中から4枚選ぶです。英語版ルールでは、”Each player draws 6 advanced Rooms and 2 Leader cards.”とあります。

一般ルームタイル

最初に配られる一般ルームタイルにも修正点があります。

×イベント解決:資材-2 もしくは食糧-1
○イベント解決:資材-2、弾薬-2、もしくは食糧-1

英語版ルールを見るとタイルに”Overcome Event:-2 Materials, -2 munitions, or -1 Supply”とあります。

p10 夜フェイズ

すべてのイベントが解決されるか、あるいは全プレイヤーが連続してパスをしたらこのステップは終了します。

連続して、とあるのでソフトパスのように感じますが、実際はハードパスです。

つけ加えると、そもそもソフトパスにする意味があまりありません。イベントカードは大きな得点源の上、取られるとなくなってしまうので、様子見する必要がないです。

If the 1st Player cannot or does not want to Overcome an Event, he may pass the opportunity to the 2nd player, and so on. This goes on until each player has passed or until all of the Events have been Overcome.

原文を見ると、各プレイヤーがパスするまで、とはありますが、連続してという表現はありません。

アウトリブの注意点

実際に遊んでみて勘違いしやすい点がいくつかあったのでまとめます。

英雄コマの状態について

立っているコマがアクティブ状態、倒れたコマが未アクティブ状態です。

言い換えると、まだ使っていないコマが倒れていてアクションを実行し終わったら立ちます。一般的なゲームだと使い終わったら倒すものが多いので注意しましょう。

プレッシャー

自分の英雄コマを移動させたとき、そのスペースにすでに立っているコマがあり、なおかつそれが自分の数字よりも小さい場合にプレッシャーを与えます。未アクティブ状態(寝ている)のコマは関係ありません。

また、立っているコマの数字が自分より大きくても何か受けることはありません。

補充

朝フェイズでは各スペースにトークンを補充します。スペースには人数に対応した補充すべき数が書いてありますが、その数になるように補充します。その数を補充するわけではないので注意しましょう。

たとえば、3人で遊ぶ場合、軍事基地の弾薬数は8です。前のラウンドで誰も弾薬を取らずに8個残っていれば補充はしません。

英雄コマの移動

自分の色のコマ(アクティブ・未アクティブ問わず)があるところに移動はできません。そのため、よく考えて配置しないと次のラウンドで有効なアクションが取れないケースが出てきます。(どこに移動しても資源がないなど)

タイルの補充

獲物タイルはなくなると補充はありません。そのため、なくなるとそのスペースでハンティングアクションはできなくなります。

探索タイルは朝フェイズにすべて集め、シャッフルして山札を作り直します。そこから人数に応じた枚数を捨てます。どのタイルが捨てられているかは確認可能です。

装備タイルは毎ラウンド3枚補充されます。前のラウンドで装備タイルが残っていればそれをすべて捨てて、3枚補充します。山札がなくなったら捨札をシャッフルして新たな山札を作ります。

装備

すべての装備タイルはターン中に1回しか効果を発動できません

たとえばバットは「与えるプレッシャー+1」の効果がありますが、これはすべての英雄コマが得るわけではなく、1つだけに適用されます。そのため、使った装備は横にしておき、朝フェイズで元に戻します。

また、同じ装備タイルを持つことはできません。装備を引くなどの効果でランダムに装備を引き、同じタイルが出てしまったらそれを捨てて引き直します。

ルームの建設と効果発動

生存者トークンの移動はエアロックから構築済のルームタイルへだけです。一度ルームに配置した生存者トークンは移動不可です。

そのため、プエルトリコのように別なルームから別のルームへ再配置といったことはできません。

得点計算

エアロックを除く建設済でなおかつ満席のルームだけが得点としてカウントされます。建設しただけでは得点になりません。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)