[ボードゲーム] フェレータを初プレイした感想

Processed with Moldiv

昔からタイトルは知っていたのものの、プレイしたことがなかったゲームです。
そのうち手に入れたいと思っていたので、日本語版の発売はありがたいですね。

ゲームの流れ

鷹の家と薔薇の家、2つの公家の紛争がテーマです。

各プレイヤーは、鷹の家か薔薇の家のどちらかに属することになります。

1.戦場の決定
戦略カードを持っているプレイヤーが、今回の戦場を決定します。

2.行動カードの選択
初手番プレイヤーから順に、行動カードを選びます。
まずランダムで1枚が除かれ、残りから1枚を引き、そのまま時計回りに順番に選んでいきます。

3.兵站カードの使用
初手番プレイヤーから順に、0~5枚の兵站カードを公開していきます。
出した数字が自分が属する公家に加算されます。

4.行動カードの公開
先ほど選んだカードを同時に公開し、効果を適用します。

5.戦の決着
それぞれの効果を適用し、さらに合計値を求めます。

6.勝利点の獲得と勢力圏の変更
勝った方の公家に属しているプレイヤーは勝利点を得ます。
負けた方の土地のカードが裏返ります。

7.拠点の建設
建築家の行動カードを選んだプレイヤーが建築のアクションを行います。

8.戦略カードの獲得
戦略家のカードを選んだプレイヤーが戦略カードと戦場カードを受け取ります。

9.兵站カードの廃棄、補充、調整
効果に従いカードを獲得したり、調整したりします。
手札制限は5枚です。

10.次のラウンドの準備
ラウンドマーカーを進め、初手番カードが左隣に移ります。

こうして書いていくと、かなり複雑そうな感じがしますが、やり始めるとそうでもありません。
現に今回は、ほとんどボードゲーム経験がない人たちに遊んでもらいましたが、十分に楽しんでいました。

フェレータの大きなキモとなるのが、行動カードです。

これを「あやつり人形」のように順番に選んでいきます。
「前の人が何を選んだのか」「後ろの人が何を選びそうか」を考えるのが悩ましいです。

行動カードは「外交家」「外交家」「戦略家」「建築家」「農業家」「反逆者」の6種類あります。
「外交家」は、名前が同じものがありますが、効果は異なります。

6種類の中でも、特に派手な行動となるのが、「反逆者」です。
これは自分が属している公家を変えてしまうカードです。

有利な方に裏切るという考えもありますし、あえて少数の方に裏切るという考えもあります。
(少ない人数で勝った方が、得点が高いので)

実際に遊んでみた感想

行動カードさえ覚えてしまえば、あとは単純に読み合いが楽しめるゲームです。

「あれ、そろそろ裏切るつもり?」
「え? いやいや、おれはずっと鷹の家だよ」
「またまた、だって、あのカードが」
「それ最初にランダムに捨てられたんだよね」
「本当? それならこのまま勝てるはずなんだけど」
「信じろって」
「分かった。じゃ今回は兵站ださなくていいな」

という流れで、普通に裏切ったりします(笑)

今回は5人でプレイして、全員が初めてだったのですが、後からルールを確認してみると、いくつかミスしていた点がありました。

☆5番目にカードを選ぶプレイヤーは渡されたものか、場に伏せられたもののどちらかから選べる

今回は最後の手番は選択肢なしで強制的に残されたカードをプレイしていました。
確かに選択の余地がないと、いくらなんでもヒドイですね。

☆全員が同じ公家になることはない

5人全員が同じ陣営になってしまう場合、反逆者の効果は発動しません。
これは後半で起きたのですが、戦争が起きないものと考えて、反逆の効果は起こしていました。
ただし、反逆者による1勝利点の加点はあります。

今回は、ほとんどが鷹の家リードの展開でした。
そのまま終始圧倒し続けて、取って取り返すという展開にはなりませんでした。
やはり5人だと、ちょっとバランスが悪いのかもしれませんね。

また、戦力の合計を計算するのが、どうしても手間になってしまいます。
誰かがカードを出す度に、計算し直したりしていたので、この辺はマーカーなどがあった方が便利かもしれません。
数字のマスを作り、そこにキューブを置いておくと、現在の合計値が分かりやすいと思います。

2つの陣営に属して戦うことになるので、ひとり負けということになりづらいです。
よほど狙っていかない限り、ひとりだけ早々に脱落してしまうことは起こりづらいでしょう。

推理や論理だけではなく、手札の運もほどよくあるため、そこまでガチガチな勝負にもなりません。
うまく出し抜いて、勝てたときの爽快感はかなりのものです。

人数分のリファレンスがついているため、初めてでもプレイしやすいですね。

駿河屋で「フェレータ」をチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)