[ボードゲーム] クマ牧場(Bärenpark) 紹介

クマ牧場は2~4人用のパズル系のボードゲームです。パズル系ゲームというとパッチワーク、コテージガーデン、オーディンの祝祭などがあります。これらのゲームは作者がウヴェ・ローゼンベルクでしたが、クマ牧場は異なります。こちらの作者はカカオやイムホテップのフィル・ワォーカー・ハーディンです。(イラストもアグリコラなどでお馴染みのクレメンス・フランツなので勘違いする人もいそうですね)

クマ牧場(Bärenpark)について

マスが描かれている個人ボードの上に、パズルのピースのようなタイルを当てはめていき、ボードをすべて埋めることを目指します。

個人ボードには、さまざまなイラストが描かれています。その上にタイルを配置すると、アイコンに対応した新たなタイルがもらえます。もし、同時に複数のイラストを覆うことができれば、その分だけタイルを獲得します。ショベルカーのアイコンを覆うと、個人ボードが拡張されます(合計4枚まで)

ただし、獲得したタイルはそのまま置くのではなく、一旦ストックになります。そのため、実際に配置するのは次のターン以降です。また、一手番に配置できるタイルはストックにある1枚だけです。

ボードとなるタイルは4×4の16マスなのですが、1マスは穴になっています。そこにはタイルを置くことができず、他の15マスを埋めると銅像タイルをそこに配置できるようになります。

いくつかのタイルには得点が描かれています。これは上にあるものほど数字が大きく、だんだん小さくなっています。そのため、早く取れば取るほど、得点が高いタイルを取ることができます。

誰かが4枚すべてのボードを完成させたら、そこから他のプレイヤーが一手番ずつ行い、ゲーム終了です。ボードに配置された数字を合計し、もっとも高得点のプレイヤーが勝利します。

エキスパートルールを採用するとゲーム開始時に3種類の目的タイルが用意されます。これらは条件を満たすともらえるのですが、他のタイル同様、早く取った方が得点が高いです。

シンプルなパズル系ボードゲーム

クマ牧場 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


特殊なルールなどはなく、手番ですることはタイルを1枚配置だけです。

そのため、どのタイミングでどのタイルを取るかが重要になります。できれば得点が高いタイルを取りたいところですが、そういったものほど置きづらい形をしているので、取ったはいいものの配置できないとなると、手番をムダにしてしまいます。

最近の同ジャンルのゲームとしてコテージガーデンがあります。あちらもタイルを配置していき、ボードを埋めることを目指します。ただし、コテージガーデンはボードが埋まると、そのボードがなくなり、新たなボードが出てきます。そのため、ゲーム終了時には何も残りませんでした。

クマ牧場ではすべてのボードが残るので、完成したときの達成感があります。「そっちのボード、シロクマばっかりだね」「うちは川が多いな」「よくそこピッタリおさまったね」などと、終わってから感想を言い合えるのも楽しいです。

また、この手のゲームにありがちな「置けなければペナルティ」といった要素もないので、気軽に楽しめます。

ある程度の指針を出すためにエキスパートルールは最初から取り入れていいでしょう。ルールが難しくなるわけではないですし、これによってゲームごとに違ったクマ牧場が完成します。

目新たらしい要素はないですが、シンプルでよく出来ているなぁという印象です。ルール説明を含めても30分ほどで遊べるので、ちょっとした時間にもちょうどいいです。パズル系のゲームが好きな人にオススメです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。