[トランプ] 5人用トリックテイキング ブリスコラ・ブジャルダ

ブリスコラ・ブジャルダは5人用のトリックテイキングです。基本的には2対3で戦うことになりますが、場合によっては1対4で戦うこともあります。自分のパートナーが誰なのかがゲーム中に判明するので正体隠匿要素もあります。

ブリスコラ・ブジャルダについて

使用するカード

通常のトランプの8~10を抜いた計40枚を使います。
ジョーカーは使いません。

得点をやり取りするのでチップやメモが必要になります。

カードの強さ

 A 3 K Q J 7 6 5 4 2 
3の強さが独特なので注意しましょう。

カードの得点

A 11点 3 10点 K 4点 Q 3点 J 2点 他0点
合計で120点あります。

ゲームの流れ

適当な方法でディーラーを決め、各プレイヤーに8枚ずつカードを配りきります。配り方に指定などもないので、1枚ずつ配って構いません。以降、ディーラーは時計回りに交代します。(反時計回りにするルールもあるようですが、特にゲームには変化はないでしょう)

カードを配りきったならば、ディーラーの左隣のプレイヤーからビッドを行います。

ビッドするのはカードのランク(数字)で、前に宣言した数字よりも弱いものを宣言しなければなりません。ランクの代わりにソロを宣言することもできます。ソロは最強の宣言なので、誰かがソロを宣言したら、そこでビッド終了です。

1人以外がパスをするまでビッドを続けます。最後に残った1人がデクレアラーになります。

デクレアラーはゲームの切札スートを宣言します。(ソロゲームでビッドした場合、切札宣言はできません)

ここでさっきのビッドの意味が出てきます。切札スートのビッドしたランクを持っているプレイヤーがデクレアラーのパートナーになるのです。たとえば、ビッドのランクがJで切札スートがハートの場合、ハートのJを持っている人がパートナーになります。

もちろんここで正直に名乗り出てもいいですし、パートナーじゃないプレイヤーが「わたしがパートナーです」と偽っても構いません。この辺りに正体隠匿要素があります。(当然ですがカードを公開してはいけません)

また、ビッドの際にあえて自分の手札のカードを指定しても構いません。そのときは隠れソロとなり、1対4で戦うことになります。もちろんこの段階で他4人はそんなことになっているとは知る由もありません。

ゲームはメイフォローで行われます。ここがマストフォローのトリックテイキングに慣れている人ほど戸惑うポイントです。

場に最初に出されるカードがリードスートになりますが、次のプレイヤーはどのカードを出しても構いません。他のスートでもいいですし、切札を出してもいいです。ただし、勝敗に絡めるのはリードスートか切札スートだけです。

たとえば、切札がクラブだった場合、
♥6 ♠K ♥J ♦A ♣4
という順番でカードが出ると勝つのは♣4です。(切札のため)

このメイフォローのルールにより、他のプレイヤーの切札を全部出させるといったコントロールができなくなっています。

切札のもっとも強いカード、切札が出ていなければリードスートのもっとも強いカードを出したプレイヤーがそのトリックに勝ち、トリックを獲得します。トリックを獲得したプレイヤーが次のリードを行います。

これを8トリック行い、デクレアラーとパートナーが獲得したカードの得点を合計します。その合計点が61点以上ならば、デクレアラーとパートナーがプラス、60点以下ならばマイナスとなります。各自がそれに応じたチップを支払います。

得点 デクレアラー パートナー ソロ 他プレイヤー
120 +24 +12 +48 -12
111 – 119 +12 +6 +24 -6
101 – 110 +10 +5 +20 -5
91 – 100 +8 +4 +16 -4
81 – 90 +6 +3 +12 -3
71 – 80 +4 +2 +8 -2
61 – 70 +2 +1 +4 -1
51 – 60 -2 -1 -4 +1
41 – 50 -4 -2 -8 +2
31 – 40 -6 -3 -12 +3
21 – 30 -8 -4 -16 +4
11 – 20 -10 -5 -20 +5
1 – 10 -12 -6 -24 +6
0 -24 -12 -48 +12

これを規定のラウンドくり返し、もっともチップが多いプレイヤーの勝利です。

誰と誰が組んでいる?正体隠匿系トリックテイキング

ルール自体はそこまで複雑ではありません。むしろトリックテイキングを遊んだことがない人の方がスムーズに遊べるような気がします。

トリックテイキング慣れしていると切札狩りやスート枯れなどを考えてしまいがちですが、そういったことはほぼ通じません。

カードを出すタイミングが自由なので、早々に自分がパートナーだと明かしてもいいですし、最後まで秘密にしておいて「隠れソロ?」と惑わすこともできます。この辺りのさじ加減が自由なので、心理戦の意味合いが強いです。

マストフォローに慣れていない方が遊びやすいという、かなり変わり種のトリックテイキングです。人狼のような心理戦、正体隠匿が好きな人にオススメです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)