[映画] キャビン

人里離れた山奥にある別荘を訪れた大学生の男女5人。バカンスを楽しんでいると、そこに忍び寄る恐怖が……。物語は、このありがちな設定をあざ笑うかのように大きくうねり、予想だにしない展開になっていきます。

キャビンについて

ホラーにはある程度の定石があります。

たとえば「いちゃつくカップルは早々に殺される」「禁じられている行為を行い、呪いを解いてしまう」などなど、誰もがこのようなシチュエーションを目にしたことがあるでしょう。

キャビンでもそのような展開が登場するのですが、よくある山小屋ホラーでは終わりません。「どうせここからこうなるんでしょ?」という予想をしっかりと裏切ってくれます。ホラー映画を観ている人ほど驚きが大きいかもしれません。

予告編を見るとあえてそのような設定を取っていることが強調されています。

ありきたりな展開には食傷気味という方におすすめの映画です。

ネタバレと感想

かなりぶっ飛んだ展開で「そりゃ予想できないわ」というのが正直なところです。

別荘を訪れた男女。
それを監視する組織。

このくらいはよくある展開ですが、そこから先がとんでもないです。特に終盤はホラーがいきすぎて、もはやホラーではなくなってしまいます。何とも説明しがたいのですが、見てもらえれば意味が分かると思います。

とても見応えがあり、面白いのですが「結局何だったの?」というところが、はっきりしないので意外なラストを期待していると肩透かしにあってしまいます。一応、どういう意図で行われていたかという説明はあるのですが、その黒幕が明確化されません。

個人的には劇中の呼び方からクトゥルフ系を思い浮かべてしまうのですが、そういうビジュアルでもないんですよね。

また、個人的なつっこみどころとしては「システム解除簡単にできすぎだろ」というのがあります。終盤とんでもないことになるのですが、それを引き起こすスイッチが割とあっさり押されます。あそこまでめちゃくちゃになるのなら、もっと厳重に管理すべきだよなぁと思わずにいられませんでした。

ただ映画内容からいって、緻密に組み立てられたストーリーを楽しむ感じではないので、あまり細かいことを考えずに「えー、なんじゃこりゃ!」と思って観るのが正解かもしれません。

2 件のコメント

  • ご覧になられましたかー
    個人的には、このお祭り騒ぎなバカテイストが非常に好みの作品でしたね
    色々小ネタがあるし、本気でB級を作った感じがして好きです

    • おすすめありがとうございます。

      最後のオールスター感はすごいですね。
      あそこまでいくと、もはや怖くなくなります(笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)