[ボードゲーム] カルタヘナ 紹介

カルタヘナは閉じ込められた海賊となって、地下牢を突き進み、脱出を目指す2~5人用のゲームです。先日発売された日本語版では、基本ルールに加えて、海賊モーガンルール、無法者ルール、ブラック・マジック・ウーマンルールが追加されています。

カルタヘナについて

まずタイルを組み合わせてマップを作ります。マップはランダムで作られますが、必ず一本道になります。タイルの各マスには小鳥、カップ、宝箱といったアイコンが描かれています。

手札は6枚です。カードにはマップに描かれたものと同じアイコンが描かれています。特殊カードなどはありません。それからスタート地点に自分の色のコマを6個置きます。

手番では3回アクションを行えます。

行えるアクションは、

a. カードをプレイしてコマを進める。
b. コマを戻してカードを補充する。

のいずれかです。

カードをプレイした場合、自分の好きなコマをその先にある、対応するアイコンまで進めます。その際、他のコマによってそのアイコンがふさがれていたら、次のアイコンのところまで進むことができます。もし、その先に対応するアイコンがひとつもなければゴールです。

コマを戻す場合も好きなコマを選べます。後ろにいるコマのところまで戻すのですが、もしすでに3つのコマが入っていれば、そのマスはスルーして次の海賊がいるところまで戻らなければなりません。戻った先にコマが1つあれば1枚カードを引き、2つあれば2枚カードを引きます。

カード補充フェイズなどがあるわけではないので、必ずどこかのタイミングでコマを戻す必要があります。

これを繰り返し、6個すべてのコマをゴールさせたプレイヤーの勝利です。

戻るべきか進むべきか

今回は4人でのプレイで、ルールは基本のみです。

当然のことながら、かなり手札運に左右されます。今回自分は一気にゴールできるカードが手札にたまっていたため、次々とコマをゴールに送り込み、そのまま危なげなく勝利しました。

コマを戻すことはカードを補充できるだけでなく、他のプレイヤーへの邪魔の意味合いもあります。スペースを空けることでアイコンが空くため、他のプレイヤーへの足止めになります。自分の他のコマを上手くゴールさせてから、スペースを空けるとなかなかの嫌がらせです。

マップはランダム生成で、さらにリバーシブルになっているのですが、アイコンの構成などは同じなので、そこまで展開は変わりません。基本的にはカードを出してコマを進めるだけなので、やや単調な雰囲気はあります。ただ、そこまで時間がかかるゲームでもないので、このくらいでちょうどいいといえば、ちょうどいいのかもしれません。

カードの引きで盛り上がるゲームなので、人数が多い方がよさそうです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。