[ボードゲーム] センチュリー:スパイスロード 紹介

センチュリー:スパイスロードは2~5人用のボードゲームです。プレイヤーはカードをプレイすることでスパイス交易を行い、誰よりも多くの富と名声を築くことを目指します。

センチュリー:スパイスロードについて

背面がオレンジの勝利点カードの山札から5枚をめくり、場に並べます。その下に背面が紫の商人の山を作り、そこから6枚をめくり場に並べます。場に並べた勝利点カードのうち、一番山札から遠くに配置されたカードの上に金貨を、その右隣に銀貨を配置します。

各プレイヤーは初期手札2枚(全員同じ組み合わせ)とキャラバンカード、初期キューブを受け取ります。初期キューブの数はエラッタが出ているので注意してください。

誤:4番目のプレイヤー:黄色4個と赤色1個
→ 正:4番目のプレイヤー:黄色3個と赤色1個

誤:5番目のプレイヤー:黄色4個と赤色1個
→ 正:5番目のプレイヤー:黄色3個と赤色1個
(参照:アークライト:サポート

手番では以下の4種類のうち、いずれか1つのアクションを実行します。

A:手札をプレイ

手札をプレイし、その効果を実行します。
カードの効果は大きく3種類に分けられます。

・スパイスカード(枠に描かれた数だけのキューブを受け取る)
・アップグレードカード(キューブを1ランク上のキューブにアップグレードする)
・トレードカード(カードに描かれた比率でキューブを交換する)

プレイしたカードは自分の捨て山に置かれます。

B:商人カードの獲得

場に並んでいる商人カードを獲得します。コストは山札から一番遠いカードならば無料、それより右のカードを取得していく場合は、左にあるカードにキューブを1つずつ置いていきます。たとえば、左端から4番目のカードを取るならばその左隣にある3枚のカードそれぞれにキューブを置いていきます。

自分が獲得しようとしているカードにキューブが載っていれば、それも獲得できます。

C:休息

自分の捨て山にあるカードすべてを手札に加えます。

D:勝利点カードの獲得

場に公開されている勝利点カードを獲得します。カードに描かれている分のコストを支払い、裏向きにして自分の前に置いておきます。カードの上に銀貨や金貨がある場合はそれも一緒に獲得します。

ゲームの終了

いずれかのプレイヤーが5枚目の勝利点カードを獲得したら、そのラウンドを最後まで行ってゲーム終了です。

・勝利点カードに記されている勝利点
・銀貨1枚1点、金貨1枚3点
・黄色以外のキューブ1個1点

上記を合計し、もっとも得点が高いプレイヤーの勝利です。

カードを組み合わせてコンボを狙う

特殊効果や例外処理などはないため、ゲームの見通しがいいです。

公開されている勝利点カードに応じて、どうやればもっとも効率がいいのかを考えながら、カードを集めたり、プレイしたりしていきます。

大きめのカードにキューブを入れるお椀がついていたりと、コンポーネントも凝っています。

ただし商人カードのバランスが、なかなか大ざっぱで、どう考えても上位のカードがあります。上位だからといってコストが高い訳でもないので、下位カードを取るメリットはありません。(同じ色でもらえる個数が多かったりします)

ルールは分かりやすく、コンボが上手く決まると爽快感があります。ただ、カードのめくり運があるので、そこまでヒリヒリした争いにはなりません。この辺りを適度にユルくていいと感じるか、物足りないかと感じるかで評価が分かれるかと思います。

2~5人とプレイ人数の幅が広く、プレイ時間も30~45分ほどなので、時間調整として遊ぶのにはちょうどいいかもしれません。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)