[映画] クローバーフィールド/HAKAISHA

前から気になっていた「クローバーフィールド/HAKAISHA」がHuluに加わっていたので見てみました。

クローバーフィールドについて

ビデオカメラが主観になっている疑似ドキュメンタリー映画です。
いわゆるフェイクドキュメンタリー、モキュメンタリーというジャンルですね。

謎の巨大生物が都市を襲うというストーリーで、特に目新しさはありません。
見所は巨大生物がメインになっているのではなく、あくまでも逃げ惑う人がメインになっているところです。

また、巨大生物が何なのか、どういった目的で襲っているのか、といった情報は一切明らかになりません。ただよく分からないものが都市を破壊しつつづけて、とにかく逃げのびるというのが話の流れです。

メインキャストであるロブの送別会として開かれたパーティーの様子をビデオカメラで撮っているところに怪獣が襲ってきます。
カメラを回していたハッドは、この様子をしっかり映像に残すためにカメラを回し続けます。

パニックに陥るニューヨークに軍隊が集結し、怪物に攻撃を加えます。
そんな中、ロブは動けなくなった恋人のベスを助けるために危険な街中へ戻っていきます。

果たして彼らは無事に脱出できるのでしょうか。

クローバーフィールドの感想


サブタイトルが「HAKAISHA(破壊者)」となっているのは、ロブの栄転先が日本であることが関係しているのでしょうか。劇中にも何度か日本の話が出てきます。

ずっとカメラ視点なので、画面酔いしやすい人は注意が必要ですね。

ストーリーそのものを楽しむというよりは、パニックで起きるハラハラ、ドキドキを楽しむ映画です。ぶっちゃけていうと物語自体は、いわゆる王道で、特に驚きなどもありません。苦難を越えつつ人を助けるも、途中でどんどん仲間が命を落としていくという流れです。

全体を通して見ても、よく分からないものが襲ってきて、よく分からないまま終わるという、フェイクドキュメンタリーにありがちなパターンですね。

決して面白くないわけではないですが、そこまで強く勧める作品でもないかと。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)