[ボードゲーム] コブラズ(COBRAS)紹介

コブラズは1~5人用のトリックテイキングゲームです。プレイヤーは懸賞金がかかったコブラを飼育してお金儲けを試みます。しかし、必ずしもすべてのコブラが換金されるとは限られません。換金されずに残ったコブラは失点になってしまいます。

コブラズ(COBRAS)について

人数によってルールが異なるので、今回は3~4人用のルールを紹介します。

各プレイヤーにカゴカードと得点カード、得点リングを渡します。得点カード上にリングを置き、そこで自分の得点を管理します。また、各自にキングコブラカードを配布します。キングコブラカードは他のコブラカードと同じようにゲーム中にプレイすることができます。

コブラカードは4スート、それぞれ1~13まであります。さらに数字によって分けられており、1~4はシングルコブラカード、5~9はダブルコブラカード、10~13はトリプルコブラカードと呼ばれます。

その他に、コブラトークンがあります。

まず、コブラカードを各プレイヤーに配ります。4人の場合はすべてを配り、3人の場合はあまった1枚は使用しません。そこにキングコブラカードを加えるので、4人だと各自の手札は14枚になります。

ラウンドが始まる前に手札から1枚を選び、それを一斉に公開します。そして、そこに描かれた数のコブラトークンを受け取り、カゴカードの上に置きます。この1枚はトリックでは使用しません。

トリックは一般的な切り札なし、マストフォローのトリックテイキングです。

ただ、トリックごとの処理がちょっと特殊です。

トリックを取ったプレイヤーは自分のカゴカードに置かれたすべてのコブラトークンをストックに戻し、その数に応じた得点を加算します。何個で何点かはカゴカードに描かれています。

トリックに負けたプレイヤーは、そのトリックで出されたカードに描かれているコブラの数を合計し、それを均等に分け、その数だけコブラトークンを得ます。あまりがでる場合は、そのまま場に残り、次のトリックに持ち越されます。

キングコブラカードはフォローを無視して出すことができます。さらにプレイするときに勝利を分かち合うか、敗北を分かち合うかを決めることができます。勝利を分かち合う場合はトリックの勝者と同じように自分のカゴカードにあるコブラを得点化します。敗北を分け合う場合は同様にコブラトークンを得ます。

キングコブラカードはあくまでも分かち合うだけなので、トリックに勝った扱いにはなりません。そのため、本来の勝者は通常通り得点化できますし、次のリードを行います。

トリック中、トリプルコブラカードがプレイされると、表のまま脇に置かれます。トリプルコブラカードが10枚プレイされると、そのラウンド終了になります。ラウンド終了時、カゴにコブラが残っていると1つマイナス1点になります。

これを誰かが100点取るまで繰り返し、もっとも得点が多いプレイヤーがゲームに勝利します。

いいタイミングで勝ちたいけれども

一番得点が高いのはコブラトークンが7個のときです。

それを上回ると、どんどん得点が下がっていくので、何とかその周辺で得点化したいのですが、トリックに勝たないことにはどうにもなりません。また、残ったコブラトークンはすべてマイナスになるので、あまり溜めすぎるのは危険です。

必ず手札にキングコブラカードがあるおかげで「この手札ではどうにもならない」という状況が起きづらいです。ラウンドに1度は好きなタイミングで得点化できるのが、良い救済措置になっています。また、キングコブラカードはあくまでも分かち合う扱いなので、トリックの勝者をつぶすこともありません。

ルール自体は分かりやすいのですが、トリックごとにコブラを数えなければならないので、ちょっとテンポが悪くなってしまいます。(3+2+2+1)÷3という計算は、もちろん難しくはないのですが、ゲーム中に何十回も繰り返すとなると、ちょっと手間かなと感じました。

「勝ちたくないけど勝たされる」「勝ちたいけど勝てない」というトリックテイキングの醍醐味を味わえるので、ゲームとしては面白いです。そのため、そこまでテンポを重視しないのであればオススメのトリックテイキングです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)