[ボードゲーム] コードネームを初プレイした感想

コードネームは2つのチームに分かれて遊ぶゲームです。発想力、連想力が要求されるゲームで、ルール自体は難しくありませんが、適切なヒントを出すのは難しいです。最近日本語版が発売されたばかりです。

コードネームについて

コードネームは2~8人で遊ぶことができます。チーム戦なので、できれば4人以上の偶数人で遊ぶのがおすすめです。

赤と青、2つのチームに分かれたならば、それぞれのチームから1人スパイマスターを選びます。

コードネームカードをランダムに選び、5×5マスで25枚並べます。その25枚はスパイのコードネームを示しており、どちらの陣営のスパイなのかはスパイマスターだけが知っています。25枚のカードは赤のエージェント、青のエージェント、ダブルエージェント、一般人、暗殺者のいずれかになっています。

スパイマスターは自陣のエージェントを確認し、それらに共通するような言葉をヒントとして出します。

たとえば、エージェントの名前が「太陽」「星」だとしたら「空、2枚」のようにヒントを出します。もちろんエージェントの名前が直接含まれるようなヒントはダメです。

そのヒントを受けて、同じチームのプレイヤーは自陣のエージェントだと思われるカードを選びます。もし相手のチームのエージェントを選んでしまったならば、相手のポイントになり、手番も交代します。一般人を選んでしまった場合は手番を交代するだけです。暗殺者を選んでしまったならば、その時点でゲームに敗北します。

これをお互いに繰り返していき、自陣のエージェントをすべて当てた方のチームの勝利です。

発想力が重要なゲーム

今回は4人で遊んでみました。

いかに上手いヒントを出すかがこのゲームのキモです。あまりにも漠然としたヒントを出してしまうと自陣のエージェント以外も含まれてしまうため、そちらを選ばれてしまいます。かといって、1枚だけを示すようなヒントだとなかなかリードできません。

もし、そのヒントで外してしまっても、後の手番で利用することができるため、記憶力も重要です。(選ぶことができる最大枚数はヒントで言われた枚数プラス1枚です)「さっき外したけど、もしかしてこっちだったのかな」と以降の手番で選ぶことができるので、前に出されたヒントも覚えておく必要があります。

「これはイケる!」と思ったヒントでも、上手く相手に伝わらなかったり、「ちょっと難しいか」と思ったヒントで当ててもらえたりと、予想外の展開が起こります。これが盛り上がるポイントですね。

ネット上での評判もいいので、これからパーティゲームの定番として遊ばれることになりそうです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)