TCG「コロッサス・オーダー」で遊んでみた感想

玩具コーナーでたまたま安売りされているのを見かけ、ネットで調べてみるとさらに安く買えそうだったので、コロッサス・オーダーというTCG(トレーディングカードゲーム)を買ってみました。

コロッサス・オーダーについて

コロッサス・オーダーはセガトイズと集英社によって共同開発された2人用のカードゲームです。
2013年7月にテーマデッキと拡張パック第1弾が発売され、2014年いっぱいをもって開発とサポートが終了しました。

すでにサポートが終わっているということもあり、在庫があるところはかなり安売りされていました。自分が買ったときはテーマデッキ2つと拡張パックのBOX2つで1,000円程度と、破格の値段でした。

一通りルールとカードを確認し、さらに追加でテーマデッキと拡張パックのBOXを購入し、とりあえずどの色でもデッキを組める環境を整えました。

コロッサス・オーダーの特徴

属性

テーマデッキは4つ出ており、それぞれ色が異なります。コロッサス・オーダーには4つの国があり、ピアディン(白)、ヴァルデン(黒)、カオレン(赤)、ファストガル(青)に分かれています。一般的なTCGにある無属性はありません。すべてのカードが4つのうちのどれかに分類されます。

カードの種類

コロッサス

必ず1枚必要となるカードで、デッキには混ぜず常に公開されています。それぞれが能力をもっており、手番に1度だけ使うことができます。

フォロワー

いわゆるクリーチャーです。相手を攻撃したり、ブロックするのに必要となります。コストが二重になっており2つを満たさないとプレイできません。

アクション

魔法やソーサリーにあたるカードです。プレイすることで1度限りの効果があります。相手の手番にも使うことができるアクション・スナップというカードもあります。

ジェム

MtGでいうところの土地です。これを並べていくことで、フォロワーやアクションをプレイできるようになります。

ゲームの目的

勝利条件は2つあります。

1つは相手の山札をなくすことです。相手の山札がなくなった瞬間に勝利します。

もう1つがかなり特殊でコロッサス・オーダーならではの条件です。コロッサス・オーダーではジェムを2カ所にセットすることができます。1つがコロッサス、もう1つがロカスです。

コロッサスにはジェムを表でセットします。こちらはコロッサスの能力を起動させたり、フォロワーを出すときのコストとして必要になります。コロッサスに置かれたジェムは置かれているだけで効果があり、能力を起動させるために消費する必要はありません。

ロカスにはカードを裏でセットします。また、ジェムじゃないカードも置くことができます。ロカスに置かれたカードは一般的なTCGのコスト同様、カードをプレイするたびに消費されます。ただし、コロッサス・オーダーではタップ(カードを横にする)ではなく、上にトークンを置くことでジェムを使ったかどうかを表します。

もう1つの勝利条件はロカスにジェムが6枚以上あると確信したときに行うコンプリート宣言です。ターンの開始時にコンプリート宣言を行い、裏になっているロカスの中から6枚のジェムを表にすれば勝利です。ロカスのジェムはゲーム中に確認することはできません。そのため、何をどこに置いたのかしっかりと記憶をしておく必要があります。また、カードの効果によって場所を入れかえられたり、カードを表にされたりすることもあります。

フォロワーの攻撃

フォロワーの攻撃対象は、ロカス、山札、タップ状態の相手フォロワーの3つです。コロッサス・オーダーではMtGのような本体のライフがありません。そのため、山札がライフの代わりのようになっています。

コロッサス・オーダーを遊んでみた感想

最初ルールを読んだときは、既存のTCGと異なる点が多く、結構複雑だなと感じたのですが、2回も遊べば問題なく遊ぶことができました。

初めはテーマデッキで遊び、内容を把握してから自分なりにいくつかデッキを組んでみました。やってみるとなかなか面白いです。

カオレン(赤)で、ドロー重視のデッキを作ってみたのですが、これは結構諸刃でした。カードを多く引くというのは多くのTCGで有利となる考え方ですが、その分自分のライフが早く減っていくことになります。ただ、カオレンには相手の山札からカードを除去する効果が多いので、相手の山札もどんどん減っていきます。

前回遊んだときは「次のターンで山札なくなるな」と勝ちを確信していたら、相手がコンプリート宣言をして「え、まじか!」と驚かされました。何枚かロカスを破壊していたので、まだ大丈夫だろうと高をくくっていたのです。

しかし、結果相手がめくるジェムを間違え、何とか勝利しました。ロカスのジェムは6枚以上あったので、もし成功されていれば最後の1枚差で負けていました。

多くのTCGでは一方的な展開になると、まず逆転はできませんが、コロッサス・オーダーではコンプリート宣言があるので、一発逆転が狙えます。また、ジェム以外のカードをロカスに置くことができるので、ジェムの引きが悪くて全然フォロワーが出せないということも少ないです。

失敗してもいいやと思って買ったゲームでしたが、思いの外、楽しめました。デッキさえ組んでおけば、ボードゲームの合間にも十分遊べそうですね。

現段階でもテーマデッキが300円ほど、BOX(8枚×24パック)も2,000円くらいで買えるので興味がある人はぜひお試しを。(Amazonや駿河屋にもあります)

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)