[ボードゲーム] コズミック・エイデックス 紹介

コズミック・エイデックスは「ヤス」をベースにした3人用のトリックテイキングです。
36種類あるコズミックキャラクターがこのゲームの大きな特徴です。

コズミック・エイデックスについて

スートは、ハート、トカゲ、カラス、星の4種類で、それぞれ6、7、8、9、10、B、D、K、Aの9つのランクがあります。
4種類×9で36枚のカードを使い、それぞれに能力が割り振られています。

基本的な流れは、切り札ありのマストフォローのトリックテイキングです。

ただし、切り札はマストフォローの影響を受けず、好きなタイミングで出すことができます。(ウィザードでいうウィザードやジェスターのような扱いです)

また、トリックが始まる前に手札の1枚を伏せておきます。このカードはゲームでは使用しませんが、自分の得点になります。

ゲームの種類は3種類あります。
どのゲームを行うかは、カードを配る際の1番最後のカードによって決まります。

A ⇒ トップダウン(通常通りのランクの強さで切り札なし)
6 ⇒ ボトムアップ(ランクの強さが逆転して切り札なし)
それ以外 ⇒ 通常のゲーム

各カードには、それぞれ得点が決められています。
この得点は書かれているランクの数字とは異なるので注意が必要です。さらにゲームの種類によって得点が異なります。

11トリックが終わったならば得点計算を行います。

  1. 誰かが11トリックを獲得 そのプレイヤーに2勝利点
  2. 誰かが100ポイント以上獲得 獲得しなかった2人に1勝利点ずつ
  3. 全員が100ポイント未満 最高ポイントと最低ポイントが1勝利点ずつ
  4. 全員が100ポイント未満 2人が同点 残りの1人が2勝利点

単純に多く勝てばいい訳ではなく、勝利点がもらえるようにうまく調整する必要があります。

これを繰り返し、誰かが7勝利点を取ればゲームに勝利します。

コズミックキャラクターについて

ゲーム開始時、各プレイヤーに1枚ずつランダムにカードが配られます。
これが今回使うコズミックキャラクターです。
ほとんどの能力はゲーム中に1回だけ使うことができます。

このカードは能力を決めるためだけに使うので、自分の能力が把握できたならば、山札に戻します。能力によっては説明が長いものもあるので、この段階で各自メモを取って置いた方がいいです。

能力例)

カラスのA 柔術

1ゲーム中1回、あるトリックにおいて、ランク順で連続した2枚のカードの強さを逆転することができる。

星のK クイズ王

各トリック後、任意のプレイヤーに「はい」か「いいえ」で答えることができる質問ができる。

トカゲの9 レーザー

他のプレイヤーが最初に伏せるカードをランダムで指定することができる。

ハートの8 謝罪

1ゲームに1回、「ごめんなさい」と言いながら3ポイント以下の切り札ではないカードを1枚、フォローを無視して出すことができる。

このように多種多様な能力が36種類あります。

1ゲームで種類の能力しか登場しないので、数回遊んだ程度ではすべての能力を把握することはできません。そういった意味ではリプレイ性は高いです。

コズミック・エイデックスの感想

Processed with Moldiv
△ややこしいのでリファレンスカードを作りました。

細かいルールが結構あり、決してトリックテイキング初心者におすすめできるゲームではありません。また、ゲームによってカードの強さや得点が異なるのもかなり面倒です。

勝ちすぎてはダメ、負けすぎてはダメと、その場の状況によって、スタンスを変えなければならないので、独特なプレイ感が楽しめます。場合によっては、相手に勝たせるようにうまく立ち回らなければなりません。

また、コズミックキャラクターの能力も「よくもまぁこんなの考えたな」というものも多く、この辺りを「派手」と捉えるか「大味」と捉えるかで、好みが変わってくると思います。

ただ、ほとんどの能力は1ゲームで1回しか使用しないので、ゲーム自体はそこまで大味にはなりません。

カードのデザインは、それぞれの能力を模しており、見た目が派手なものが多いです。

3人専用でルールも複雑と、万人に勧められるものではありませんが、トリックテイキング好きには1度体験して欲しいゲームです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)