[ボードゲーム] マハラジャの遺産 紹介

マハラジャの遺産は2~4人用のカードゲームです。プレイヤーはマハラジャの跡継ぎになることを目指し、貴重な骨董品をプレゼントしてご機嫌を伺います。2017年の新作ながら非常にシンプルなルールで、デザイナーのシャハトらしさが強く感じられます。

マハラジャの遺産について

6色6種類のアンティークカードをシャッフルして山札にします。他にプレイ人数に応じて取引カードを用意し、コレクションカードを種類ごとに並べておきます。アンティークカードとコレクションカードには数字が書かれており、勝利点を表しています。

取引カードには数字が書かれています。たとえば、4人プレイの場合、左から4、3、3、2、2となっています。また、それぞれの取引カードにはコイン(3金)が乗っています。

アンティークカードの山札から4枚をめくり、現在の出品物とします。

手番では、以下の3つのことを行います。

1.アクションの実行

aかb、いずれかのアクションを行います。

a.コインを取る

取引カードの上にあるコインを取ります。取る場所はコインが乗ったもっとも左側のカードの上です。

b.アンティークを買う

現在の出品物の中から、好きなアンティークカード1枚を購入します。値段は現在コインが乗っている取引カードに書かれた数字です。(2~4金)

2.コレクションカードの取得

自分が所有しているアンティークカードが条件を満たしていれば、コレクションカードを取ることができます。

3.税金の支払い

所持の上限が8金なので、9金以上持っている場合は超過している分をストックに戻します。

これを繰り返し、現在の出品物がすべてなくなるか、取引カードの上のコインがすべてなくなると販売日(ラウンド)終了です。

出品物がなくなった場合は新たに山札から4枚めくり、取引カードにコインを乗せていきます。コインがなくなった場合は、残った出品物を裏にして取り除き、新たに山札から4枚めくり、取引カードにコインを乗せていきます。

次のスタートプレイヤーは前のラウンドで最後に手番を行った人の次のプレイヤーです。

これを繰り返し、アンティークカードを4枚補充することができなくなったら直ちにゲーム終了です。

得点計算時、1枚しかない色のカードは捨てられます。残ったアンティークカードに書かれた数字とコレクションカードに書かれた数字を合計し、さらに3金を1点として加算して、合計がもっとも多いプレイヤーの勝利です。

シンプルながらしっかり練られたルール

「え、これが新作なの?」と驚くほどのシンプルさですが、遊んでみるとしっかり悩ましさが感じられます。

特に9金以上だとお金を捨てなければならないというのが絶妙です。

取引カードに乗せられたお金は常に3金なので8金はすぐにたまってしまいます。しかし、かといって欲しいカードがない場合はできるだけ安い値段で買いたいところです。そうなると捨てると分かっていてもコインを取るシーンが出てきます。

また、最初のアンティークカードだけが4金というのも絶妙で「欲しいけど4金か……」と頭を悩ませます。

さらに得点計算時に1枚しかない色のカードは得点にならないので、コレクションを優先するか色を優先するかで選ぶべきカードが変わってきます。

今回、4人で遊んでみたのですが、わたしはコレクション重視でプレイしてみました。順調にコレクションカードを集めていったのですが、最後に狙っていた色のカードが取れず、結果6点近くを失い最下位になってしまいました。

シンプルながら考えどころが多く、いわゆる「いぶし銀」のゲームです。派手さはないので人を選ぶと思いますが、渋いゲームが好きな人はきっと気に入るのではないでしょうか。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。
ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。
最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。
他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。