伊達ロックフェスティバル2015でゴマアブラ

Processed with Moldiv

仙台に行く予定があり、せっかくなので「東北オクトーバーフェスト2015」によって行くことに。すると、勾当台公園でも何やらいろいろやっていました。

伊達ロックフェスティバル

1つがカリビアン・フェスティバル2015でした。
こちらはテキーラ&ラムのイベントです。

移動販売車でいろいろな食べ物が売られており、最近宮城でおなじみの唐揚先輩も来ていました。

もう1つが伊達ロックフェスティバル2015です。
こちらには、さまざまなミュージシャンやクリエイター、デザイナーがステージで演じていました。

伊達ロックはクラウン土ファンディングサービスを利用したイベントです。
その支援金によって、音響費や発電機などの費用に充てられています。

「へえ、そんなイベントがあるのか」
と思いつつ、ステージのタイムテーブルを見ると、見覚えのある名前が。

え! ゴマアブラ出るの!?

ゴマアブラとは?

もちろん料理に使うアレではありません。

4人組のバンドで、東京を中心に活動しています。
ディスコファンクな曲調のものが多く、スペシャルゲストとして登場するようです。

そもそもわたしがゴマアブラを知ったのは、とあるテレビ番組がきっかけです。
TV東京系バラエティのゴッドタンのエンディングテーマとして使われていたのでした。

そのとき流れていたのが「フライ揚げる」という曲です。


ちょっと聞くと普通のファンクといった感じなのですが、歌詞が非常に面白く、気に入ったわたしはその後ダウンロードしてよく聞いていました。カラオケに入っていれば歌いたいと思っているのですが、残念ながらその予定はないようです。

とりあえずオクフェスへ

Processed with Moldiv

ゴマアブラのステージまで、まだ時間があったので、まずは錦町公園まで足をのばし、東北オクトーバーフェスト2015へ行ってきました。

例年通りの賑わいで、テントの中の席はほとんど埋まっています。
今年は騒音対策のため、防音カーテンのようなものが設けられていました。

富士桜高原麦酒の「FHBヴァイツェン」とアルコブロイの「ヴァイスビア」を注文。
以前、フランツィスカーナーのヴァイツェンを飲んでから、見かけるとよく買ったり、頼んだりするようになりました。フルーティな風味が特徴です。

アルコブロイのヴァイスビアはリンゴ風味の不思議な味でした。
リンゴといっても人工的なものではなく、本来の果物のリンゴの芯に近いような風味がありました。

ソーセージをつまみつつ、ひとしきりビールを楽しみました。

生ゴマアブラ

そろそろ始まりそうということで、再び勾当台公園へ。
ちょっと時間を勘違いしており、すでにステージは始まっていました。
(16時半からと思っていたら、16時20分からでした)

わたしはそこまで音楽に興味があるわけでもないので、ライブなども、ほとんど行ったことがありません。そのため、生のライブ音を聞くのは新鮮でした。

正直なところ、すべての曲を知っている訳ではありませんが、調理用ゴマアブラを会場にいるお客さんにプレゼントするなどのパフォーマンスもあり、とても楽しめました。

そして期待のフライ揚げるもばっちり生で聞くことがで、非常に満足しました。

たまにこういったものを生で見るのも、いいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)