[トランプ] ドッペルコップのハウスルール

161111

もう何度も遊んでいる4人用のトランプを使ったトリックテイキング「ドッペルコップ」ですが、ヴァリアントをいくつか加えてルールを少し変えてみました。それまでは公式のトーナメントルールを採用していたのですが、手札が悪い場合の救護策がなく、その改善が目的です。

ソロの種類の追加

通常のスートソロ、ジャックソロ、クイーンソロ、ノートランプに加え、キングソロ、クイーンジャックソロとミゼールを加えました。

キングソロとクイーンジャックソロは文字通り、キングだけ、クイーンとジャックだけが切札になります。

ミゼールはちょっと特殊で、通常の切札の強さで全トリック負けることを目指します。1トリックも取らなければ勝ちとなりますが、取れば取るほど失点が増えていくというリスクがあります。これにより、手札が弱い場合にもソロを選ぶことができます。

リディール(配り直し)の追加

9のカードが5枚以上、Kのカードが6枚以上、Kが4枚以上と9が4枚以上、Aと10が合わせて8枚以上、切札が1枚以下の場合に配り直しを要求することができます。

配り直しはすべてのゲームよりも優先され、適応された場合、ディーラーは交代します。

こちらもミゼール同様、手札が悪かった場合の救護策です。

ドッペルコップのルールまとめ

他のルールはトランプゲーム大全にあるトーナメントルールに準じています。そのため、アルムートは入れていません。

24R行うので、ルール説明なしで始めても4時間ほどかかります。4人専用で4時間と、どう考えてもハードルは低くありませんが、今や定番化した感があります。「4人だったらドッペルコップ? それとも別に何かある?」という感じなので、かなり特殊な環境かもしれません。

やはり面白いなと思うのは、途中まで誰が味方か分からないということです。カードをプレイしつつ、相手を探したり、逆に相手を惑わせるようなプレイングをしたり、実は1対3で戦っていたりと、展開が多様です。

チーム戦がありつつ、1対3もありつつ、得点は個人なので「あの人、今回強そうだけど、順位的に組みたくない」という思惑も出てきます。また、ソロを行った場合は得失点が3倍なので、1ゲームで順位が大きく動くことがあり、最後まで油断できません。

トリックテイキングに興味がある方にはぜひ一度遊んで欲しいゲームです。

自作スコアシート
ドッペルコップ ハウスルール

ドッペルコップ入門 第1回 トリックテイキングの基本

2015.09.28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)