[ボードゲーム] ザヴァンドールのノーム 紹介

ザヴァンドールのノームは宝石取引をテーマにした2~4人用のゲームです。株のように価値が上下する宝石を売買しながら、得点となる宝飾品やアーティファクトを集めます。誰かが規程の得点に達するとそのラウンドを最後まで行ってゲーム終了です。

ザヴァンドールのノームについて

ザヴァンドールのノームにはダイヤモンド、サファイア、ルビー、エメラルドの4つの宝石が登場します。他に宝石を使って手に入れるアーティファクトと宝飾品があります。アーティファクトは得点は低いですが、さまざまな特殊効果をもたらしてくれます。

カードの他に宝石の相場を表すボードと、どこを採掘するかを示すボードがあります。

1アクションずつ、3アクション行うと、アクションラウンド終了です。その後に宝石の採掘を行う採掘ラウンドがあり、スタートプレイヤーが変わって、再び次のアクションラウンドが始まります。

終了条件は誰かが○点以上(人数によって異なる)獲得するまでなので、条件を満たすまで上記のラウンドを繰り返します。

手番で出来ることは以下の通りです。

地質調査

アクションを行う前に採掘権タイルを1枚めくります。(1アクションには含まれません)

宝石カードの売買

同じ種類の宝石を4枚まで購入、または売却できます。買うと相場が上がり、売ると相場が下がります。ただし、この段階では相場マーカーが動くだけで、値段が上下するのは採掘ラウンドの後です。

アイテムの購入

アイテムは宝飾品とアーティファクトの2種類あります。コストは宝石です。場に並んでいる3枚の内、好きな1枚をコストを支払って獲得します。

カードを引く

アーティファクトと宝飾品のどちらかの山札から2枚引き、1枚を手元に、もう1枚を山札の底に戻します。手札に入れたカードは後のアクションで購入できます。(予約のような感じです)

鉱山採掘権の購入

ボードにある採掘権タイルを手に入れます。これがあると採掘ラウンドで宝石が手に入ります。

商人カードの獲得・交換

場に並んでいる商人カードを獲得します。商人カードは1枚しか持てないので新たに手に入れる場合は、今まで持っていた物を戻します。

商人カードの使用

手元にある商人カードを使用します。商人カードは宝石を交換することができます。

4金獲得

4金を獲得します

上記のアクションを1アクションずつ行います。

アクションラウンドが終わると採掘ラウンドです。それぞれが採掘権タイルに応じて、宝石を得ます。その後、宝石の価格を調整します。

4人プレイの場合、誰かが16点まで達したら、そのラウンドを最後まで行いゲーム終了です。もっとも得点が高いプレイヤーがゲームに勝利します。

デカすぎるスタートプレイヤーマーカーと予想外の展開

ザヴァンドールのノームのスタートプレイヤーマーカー、デカすぎ。 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


まず目を引くのが立体のスタートプレイヤーマーカーです。写真を見ればその大きさが一目瞭然です。大きさに特に意味はありません。

宝石の値段はかなり激しく上下するので、3金くらいで買ったものを10金くらいで売るということが普通に起こります。そうやってお金を貯めて、後半で一気に宝飾品カードを買うのが定石かなと思ったのですが、これがまったくの見当外れでした。

宝飾品カードは裏面に1~3までの数字が振ってあり、それぞれをシャッフルして1つの山札にします。1のカードが出尽くしたら2のカード、続いて3となっています。

初めに公開されている1のカードが5点や6点だったので、後半は10点くらいかと思いきや、実際は2点くらいのものしかありませんでした。

つまり、後半で逆転を目指そうと思っても無理なのです。

恐らく後半は宝石が手に入りやすくなるので、その分、価値が下がるのでしょうが、そうなると序盤に得点が高いカードを取られてしまうと逆転は不可能です。

気づいたときには、もう終盤だったので、為す術もなく負けてしまいました。ちなみに手持ちの金はかなりありましたが、まったくのムダになりました。(金は得点にならず、タイブレークで使うだけです)

本来あるべき流れとしては、ある程度得点が高いカードをあらかじめ確保しておき、後半で得点化するのが定石のようです。もし、このゲームを遊ぶ機会があれば、この辺を確認しておくことをオススメします。

また、宝石の相場と価格調整など、細かい処理がいろいろあるので、毎回ルールを見ながらやった方がいいかもしれません。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。
ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。
最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。
他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。