[ボードゲーム] テラミスティカ:ガイアプロジェクト 紹介

テラミスティカ:ガイアプロジェクトは14種族のうちの1種族を担当し、自分たちの領域を拡大するために奮闘します。ファンタジーの世界を舞台にしたテラミスティカに対し、ガイアプロジェクトは宇宙がテーマになっています。システムはかなり似ていますが、プレイ感はだいぶ異なり、テーマを変えただけのゲームではありません。

テラミスティカ:ガイアプロジェクトについて

宙域タイルを組み合わせてマップを作ります。その他に発展ボードと得点ボードがあり、さらに各プレイヤーは自分の勢力ボードを受け取ります。勢力ボードは7枚あり、裏表で違う勢力になっています。

ゲームは6ラウンド行い、それぞれが4つのフェイズに分かれています。

フェイズ1:収入

開いた手のひらに描かれたアイコンのものを受け取ります。

フェイズ2:ガイア

ガイアエリアにあるパワートークンがパワーサイクル1に戻ります。

前ラウンドにガイアフォーマーコマを置いている場合、その惑星にガイア惑星タイルを置きます。

フェイズ3:アクション

スタートプレイヤーから順番に1アクションずつ行います。これをすべてのプレイヤーがパスを選ぶまで続けます。一度パスすると、そのラウンドではもうアクションできません。

  1. 鉱山の建設
  2. ガイア計画の開始
  3. 建造物の改良
  4. 同盟の構築
  5. 研究の進展
  6. パワー/Q.I.Cアクション
  7. 特別アクション
  8. パス

上記の他にフリーアクションと受動アクションがあります。受動アクションはテラミスティカ同様、他のプレイヤーが建設や改良するたびに近接エリアに自分の建物があるとパワーが得られます。ただし、テラミスティカと違い、2スペースまでが近接エリアとして扱われます。

フェイズ4:ラウンドの終了

次のラウンドの準備を行います。

6ラウンドのアクションフェイズ終了時にゲームが終了します。

そこから最終得点計算を行い、もっとも勝利点が多いプレイヤーの勝利です。

テラミスティカとの主な違い

プレイ人数

テラミスティカが2~5人用だったのに対して、ガイアプロジェクトは1~4人用になりました。

5人で遊べなくなった代わりにソロルールが用意されています。

マップが可変

ガイアプロジェクトではタイルを組み合わせてゲームボードを作るので、固定だったテラミスティカと比べ、バリエーションが豊かになりました。

最終得点計算がランダムに

ゲーム終了時に入る最終得点計算のボーナスが6枚中2枚を使うランダム方式になりました。また、得点ボードが用意されているので、ゲーム途中で誰がどの得点タイルで1位なのかも分かりやすくなりました。

発展ボード

テラミスティカでは個人ボードにあったいくつかの要素が発展ボードにまとめられました。発展ボードには6種類の研究エリアがあり、そこを進めるたびに、さまざまな恩恵があります。ただし、すべてを発展させていくのは難しいため、どこを優先していくかが重要になってきます。

ガイアエリア

個人ボードのパワーサイクルの中にガイアエリアが加わりました。そのため、パワートークンがテラミスティカとは違った動きになることがあります。

他にもさまざまな違いがあり、テーマだけを変えたゲームではなく、ほとんど別物といった感じに仕上がっています。

どちらがいいかは好みの問題

ガイアプロジェクト104対87対76で最下位。序盤、全然動けないな。 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


テラミスティカと比べると、他プレイヤーとの陣取り要素が薄くなりました。

テラミスティカでは陣取りの要素がシビアで、囲まれてしまうと詰んでしまうことがあったのですが、ガイアプロジェクトではそういった面が薄まりました。パワーをもらえる受動アクションの関係があるため、単純にお互いに近くにいた方がWin-Winになりやすいです。

かといって、要素がそぎ落とされている訳ではないので「テラミスティカがあればガイアプロジェクトはなくてもいい」とはなりません。ルール量も多く、決してダウンサイジングされた感じでもないです。

Twitterでの感想を見ていると「ガイアプロジェクトの方が好き」という意見が多いように感じます。

この辺りはアグリコラとカヴェルナの関係に似ていて「よりシビアな方が好きな人はアグリコラ。自由にやりたいならばカヴェルナ」といった流れを感じさせます。アグリコラとカヴェルナもかなり似通ったゲームですが、結構好みが分かれるところが面白いです。

相手を妨害して勝利する、という感じではなく、各々が思い思いにやって、誰が一番伸びるかを競うタイプのゲームなので、直接攻撃が苦手な人にも向いています。

かなり評判のゲームなので、テラミスティカのように拡張が出るかもしれませんね。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。
ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。
最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。
他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。