[ボードゲーム] 05月05日に遊んだゲーム(ベガス、髑髏と薔薇、クク21、レジスタンス:アヴァロン)

140512_3

1時間以内で終わるような軽めのものをたくさん遊びたいというリクエストがあり、自分なりにそれに合うものをチョイスした1日でした。
一般的にボードゲームを遊ばれる人ならば、誰もがやったことがあるようなタイトルが多いのですが、うちのメンバーだと、ほとんどが未体験というものが多いです。

ベガス

ダイスを使ったゲームでは、鉄板といえるタイトルです。
ダイスをふって、どこに置くかを選ぶだけというシンプルなルールなので、導入としても、もってこいです。

ダイスを振る前に
「こりゃあ、5出まくるな」
「たぶん全部6だ」
などと言っておくと、より盛り上がります。

あえて人が置いている高額なところを狙ったり、安めでもライバルが少ないところを狙ったりと、賭け方に人柄も表れますね。

140512_1

クク21

こちらも人数が多いときの定番です。
通常のククのカードに比べ、あらかじめ説明が書いてあるのでプレイしやすいです。

5人で、2回プレイして、2回とも同じ人が破産するという展開でした。

髑髏と薔薇

ひとり加わり、今度は6人で。
最近ではプレミアがついてしまい、なかなか手に入りづらくなってしまったタイトルです。

そういえばチャレンジの際に、「まず自分が出した札をすべてめくってから、他のプレイヤーの札をめくる」という解釈で遊んでいるんですが、これで大丈夫ですよね……?
発売された当初、いろいろともめていたような気がします。

140512_2

7WONDERS

一大ブームにもなった、ドラフトの代表作。
拡張もいろいろと発売されています。
ちなみに今回は6人中4人が初プレイで、自分自身も久しぶりだったため、拡張なしで遊びました。

どうしてもミスしがちなのが、同じ建物は建てることができないというルールです。
さすがに他のプレイヤー全員を確認している余裕もないので、後になって「それ同じじゃない?」となることが何度かありました。

こちらも好評で、続けて2戦を。

1回目は6人中3人が44点というめずらしい展開になりました。
2回目はコツをつかんだプレイヤーがさらに点を伸ばし、52点で1位に。
自分自身は4位、3位とまったく奮いませんでした(笑)

手軽に文明を発展させている感覚が味わえるので、改めて名作と感じさせますね。

レジスタンス:アヴァロン

人狼系タイトルの中ではベストと思っている作品です。
司会なし、脱落者なし、5人でも十分に楽しめると、従来の人狼問題のさまざまな点をクリアしています。

今回遊んだタイトルの中ではもっとも回数をこなしているため、それなりにみんな経験値も高まってきています。
人によって話術がだいぶ巧みになっており、巧拙に差が出てきました。

1回目の2人でのミッションでも任務失敗を出してきたりと、展開も多様に。
こちらは続けて3回ほど遊びました。

ごいた

ここからは4人と2人に分かれて。
というのも、まだ「ごいた」をプレイしたことがない人に、ぜひ一度遊んで欲しかったという狙いがあります。

ルールは1度遊んでみれば十分に理解できるレベルですが、チーム戦の妙が強く感じられる作品です。
当時、ごいただけで何時間も遊んでいたこともあるほど好きな作品です。

面白さは十分に伝わったようで、「これは欲しいかも」と言っていただけました。

ちなみに自分はブルームーン:レジェンドをしていました。

全体の感想など

どれも定番、名作と言われる作品で、十分にボードゲームらしさを感じてもらえたのではないかと思います。
といっても、軽めのものとなるとカード系が中心になりますね。

うちのメンバーは最近ボードゲームを始めた人が多く、最新作を中心に遊んでいることが多かったのですが、やはり一通り定番や名作を遊んでもらうのもいいかなと考えています。

プエルトリコ、エルグランデ、アクワイア、ドミニオン、ケイラス辺りを今後投入してみようかなと。

けれども、新しいのを買ってしまうと、どうしてもそちらを遊びたいと思ってしまうのですが……(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)