[ボードゲーム] 07月12日に遊んだゲーム(ゾンビサイド)

140710_1

先日も記事にしたゾンビサイドを何人かでプレイしてみました。
予想通り好評で、今日はほとんどこればかりをしていました。

ゾンビサイド #02 Yゾーン

140713_1

4人プレイなので、各自が1キャラクターずつ使用します。
選ばれたキャラクターは、WANDA、JOSH、DOUG、NEDです。

先日ひとりでチュートリアルをやってみたのですが、だいぶ簡単だったので、初めからミディアムのミッションをやってみることにしました。

1手番3アクション制で、選択できるアクションも多いのですが、慣れてくると直感的にできるようになります。
主な行動としては、移動、攻撃、捜索があります。

捜索はゾンビがいない部屋ですることができ、武器やその他、役に立つアイテムを探すことができます。
ただし、まったく使い道がないアイテムがでることもよくあります。

このミッションの目的は、すべての生存者が脱出地点までたどり着くというシンプルなものです。
そのため、ゴールに向かって最短距離を進んでいけばいいことになります。

スタート地点からすぐのところに扉があるので、まず開けたくなるところですが、恐らくここを開けてしまうと建物内からゾンビがわきでてくるので、スルーした方がよさそうです。

初期武器は、ピストル、消火用斧、バール、フライパンがランダムでそれぞれに配られるのですが、フライパンはダイスの目が6でしかヒットしないというハズレアイテムです。
そのため、まずはある程度装備を調える必要があるので、建物内に入らなければなりません。

そのため、手前ではなく、真ん中にある建物に入ることにしました。

思ったよりゾンビの発生が少なく、バールや斧でなぎ倒していきます。

WANDAは、スキルにより、1アクションで2ゾーンを移動できるため、先行して安全を確保していきます。
全員がそれなりの武器をそろえたところで、再び建物を後にし、ゴールを目指します。

引きがよかったのか、ゾンビの発生もあまりなく、あっさりと全員がゴールへ。

「これって思ったより簡単ですね」

そのときのわたしたちは、これから訪れる苦難をまだ知る由もありませんでした……。

ゾンビサイド #10 小さな町

ミディアムのミッションがあっさりとクリアできたので、ハードのミッションに挑戦してみることにしました。
今度は小さな町というミッションです。

目的はマップ上にある4つの目的トークンをすべて獲得することです。
ちなみに目的トークンを獲得すると経験値が5ポイントもらえます。

まずは直線距離にしてもっとも近い、左下建物内にある目的トークンを目指すことにしました。

ドアを開けるとゾンビが登場。
しかし、そこまでの量ではなく、何とか処理していきます。
そして戦いのための武器を捜索。

このミッションでは、4つのゾンビ発生地点があるため、フェイズごとに4箇所からゾンビがわいてきます。
これがかなりの曲者です。

なかなかいい武器が出てこないため、ねばっていると建物の外ではゾンビがどんどん集まってきます。
ちなみに捜索は1手番に1回しかできないため、それなりにいいものをそろえようとするとゾンビが増えまくります。

外ではウォーカーだけでなく、ランナー(2アクションできる)やファッティ(2ダメージ与えないと倒せない)などが集結しています。

目的トークンの1つ目をとった辺りで、絶望的にゾンビが増え、ひとりまたひとりとやられていきます。
一応目的上、犠牲者が出ても問題ないのですが、そうはいっても、少なくなった人数で大量のゾンビに対処できるわけがなく、全滅。

難易度が全然違う……。

目的トークンを集めなければならないので、移動に強い方がよさそうだと思い、わたしはキャラクターをJOSHからAMYに変更しました。
AMYはスキルで移動アクションをフリーで1回することができます。

というわけで、再挑戦。

最初の狙いはさきほどと同じ左下建物です。
問題は、次にどこを狙うかということになります。

距離でいけば左上なのですが、恐らく全員かたまって移動していると、ターンがかかるため、二手に分けたほうが良さそうな気もします。

そのため、まずは左下建物に全員で向かい、そこで武器を揃えたら、二手に分かれることにしました。

AMYがスキルを活かし、先行して建物のドアを開けます。
そこから中にいたゾンビを処理。

しかし、ここで予想外のことが。

すぐ近くのゾンビ発生地点からアボミネーションが現れたのです!

アボミネーションは3ダメージ与えなければ倒すことができず、しかも3ダメージ与える武器というのは基本的に存在しません。

では、どうやって倒すかというと、モロトフという火炎瓶が必要になります。
そして、モロトフも捜索して見つかるものではなく、ガラスのボトルとガソリンを組み合わせる必要があるのです。

目の前までアボミネーションがせまっているというのに、ここからボトルとガソリンを引き当てなければならないという絶望的な状況です。

当然、そううまく引き当てることもできず全滅。
またしても目的トークンは1つしか獲得できませんでした……。

3回目の挑戦。
今度は1人が加わり、5人で同じミッションに挑戦してみることに。

方針としてはまず左下、次は右上を目指します。
右上建物は広さがあるため、ゾンビが発生しやすいのですが、できれば序盤のうちに行っておいた方がいいのではないかという案がでました。

というのも、後半になり、プレイヤーが経験値をためていくと、よりゾンビが出やすくなってきます。
そのため、その前の弱い段階で広い部屋を処理してしまった方がいいのではないかというのです。
確かにもっともな考えです。

しかし、実際はどうなったかというと1つ目の建物で、ほぼ詰みました。
AMYが孤軍奮闘するも、ひとりで処理しきれる量ではなく、全滅。

やはり1つしか目的トークンを獲得できませんでした。
これで本当に4つも集められるのでしょうか……。

140713_2

ゾンビサイド #C7 300

クリアできるまでやりたいという意見がありましたが、ちょっと別なミッションも試してみようということに。
WEBで公開されている300というミッションをやることにしました。

「初心者にゲームの戦略や楽しさを教えるのに完璧に適している」という説明があるミッションです。

目的はミッション名の通り、300体のゾンビを倒すことです。
アボミネーションは1体倒すと、5体分として換算されます。

マップは中央に建物があり、そこがスタート地点となります。

さらに上下左右の四方にゾンビ発生地点があります。

まずは建物の中で武器をそろえ、四方から襲ってくるゾンビを撃退し続けるというシンプルなミッションです。

キャラクターはDOUG、WANDA、JOSH、AMY、NEDの5人で挑みました。

強さが目立ったのがチェーンソーです。
5つのダイスを振ることができるため、集まったゾンビを一気になぎ倒すことができます。

さらに中盤になるとスナイパーライフルが大活躍しました。
離れていてもピンポイントでゾンビを狙えるため、非常に助かります。
ダイス運に見放されて、ゾンビに襲われる寸前の他プレイヤーをスムーズに助けていきます。

100体ぐらいまでは順調で、片っ端からゾンビを殲滅していき、マップ上からゾンビがいなくなるというシーンも見られました。

「これはいけそうだな」

装備が充実してきたため、みんながサクサクとゾンビを倒していきます。

しかし、油断するとろくなことがありません。

距離的に襲われる心配がないと思っていたゾンビに追加行動が発生し、まずWANDAが倒れました。

ゾンビのターンはある程度予測がつくのですが、問題なのが追加行動です。
カードの中にはゾンビが発生するのではなく、追加行動させるものがあります。

これを出されると近くにいるゾンビが急に襲ってきて、殺されることがあります。
特にランナーの場合、2回行動があるため、思わぬ位置から攻撃されることもあります。

JOSH、NEDと倒れていき、AMYも倒れました。
スナイパーライフルとチェーンソーで無双の働きをしていたDOUGもひとりではどうにもならず、とうとう全滅。

結果として、188体のゾンビを倒してゲームオーバーとなりました。

2時間ちょっとの激闘はこうして幕を閉じました。

これにはまた挑戦したいところですが、300体倒すのにはいったいどのくらいの時間がかかるのでしょうか……。

140713_3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)