[トランプ] 99(ナインティー・ナイン)

先日、終日3人でゲームをする機会がありました。

最初に、個人的におすすめの2人用ゲームアルルの丘(参照:アルルの丘の感想+自作スコアシート)をプレイしてもらいました。わたしはルール説明と、分からないことがあったときのアドバイスに徹していました。

2人とも、アグリコラ、カヴェルナなどの経験があるので、割とスムーズにプレイしていましたが、それでも説明込みで3時間ほどかかりました。

それから、3人でカヴェルナをして、次は何をしようということになり、せっかくなのでこの前買ったトランプゲーム大全の中から選ぶことにしました。3人がメインのゲームということで、99をやってみることに。

99(ナインティー・ナイン)のルール

使用するカード

2~5までを除いた36枚+ジョーカー
強さは、A、K、Q、J、10、9、8、7、6

ゲームの流れ

ディーラーは任意の方法で決め、以降は時計回りで交換していきます。

各プレイヤーに12枚ずつ配り、残った1枚は表にされ、切り札表示のカードとなります。
このカードが、ジョーカーか9だった場合は、切り札なしとなります。
手元に来ているジョーカーは、この切り札表示のカードとして扱います。

カードを確認したら、次はビッドです。

このビッドのやり方が非常に特徴的です。
手札から3枚のカードを選び、それを裏向きにして出します。

この際に出すカードがビッド数となり、この数ちょうどのトリックを取ることが目的です。
クラブ:3 ハート:2 スペード:1 ダイヤ:0
それぞれのスートは上記の数字として扱います。

たとえば、今回7トリック勝つと予想する場合には、
クラブ(3) クラブ(3) スペード(1)
または
ハート(2) ハート(2) クラブ(3)
のようにビッドします。

ビッドに使ったカードはトリックでは使いません。

全員のビッドが終わったならば、次はプレミアム・ビッドがあります。
プレミアム・ビッドは各プレイヤーに宣言する機会があります。

デクレア
ビッドしたカードを表向きにしてプレイします。

リビール
ビッドしたカードに加え、手札もすべて公開した状態でプレイします。

プレミアム・ビッドが有効になるのは1人だけなので、もしデクレアとリビールがあったならば、リビールが優先されます。同じ宣言があったならば、ディーラーの左隣のプレイヤーに優先権があります。

すべてのビッドが済んだならば、プレイ開始です。

通常のマストフォロートリックテイキングで、リードされたスートをフォローします。
ない場合には、どのスートのカードをプレイしてもいいです。もっとも強いのは切り札スートのより高い数値のカードです。トリックを獲得した人が、次のリードをします。

全12トリックが終わったならば得点計算になります。

得点

  • ビッドが成功したかどうかに関わらず、獲得したトリック1つにつき1点
  • ビッド成功が3人全員ならば10点ずつ 2人ならば20点 1人ならば30点
  • デクレアが成功すれば30点 リビールが成功すれば60点
  • もしプレミアム・ビッドが失敗した場合は上記の点数を他プレイヤーが獲得

これを9ディール繰り返し、もっとも得点の高いプレイヤーの勝利となります。

ナインティー・ナインを遊んだ感想

ビッドの仕方がなんとも悩ましいです。
勝てそうだがその数のビッドができない、負けそうだが高くビッドせざるを得ない。
こういった状況が発生します。

基本的にビッドした数は非公開なので、他プレイヤーがどれくらいを狙っているのかを探るのも楽しいです。

そして、今この記事を書いていて気づいたのですが、プレミアム・ビッドの扱いを間違っていました。
失敗した場合は、他のプレイヤーにそれぞれ入るのですね。確かにそうでないとリスクが低すぎますね。

この前は2戦したのですが、1人がプレミアム・ビッドをしまくり、それで勝っていました。
失敗時のリスクを考えると、そこまで連打できるものでもなさそうです。

それでも非常に楽しめたので、次回は、正式なルールでやってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)