[ボードゲーム] オーディンの祝祭 2人戦 2連戦

先日の4人戦に続き、今回は2人で遊んでみました。もうひとりは初回だったので、今回は自分がルール説明をしました。また、分かりやすいようにトレイに物品名の名前を貼っておきました。

オーディンの祝祭1戦目

前回やってみた感じ、探検ボード1枚は問題なく埋まるだろうと思ったので、今回はどこかのタイミングで探検ボードを取ることにしました。

そうなると考えなければならないのが、どのタイミングで、どの探検ボードを取るかということです。どうせ取るならば、上に銀貨が乗った状態の方がお得ではと考えました。

というわけで選んだのは、Cのアイスランド島です。選んだ理由は収入斜線が分かりやすいことと、ボーナスの「鉱石+石材」が早めに取れそうだからです。また収入が1からスタートしているので取得した次の収入から1銀が入ります。

あとはほとんどダイスを振ることなく、着々とボードを埋めることにしました。

途中で牛や羊が繁殖するようになると、それを毛皮や衣服に変えていき、ボードを埋めていきます。

終了時にはホームボードと探検ボードの両方ともが埋まりました。

特にミスもなく、この回は96対42で勝ちました。

相手は初回ということもあり、とにかくいろいろなアクションを試していたようです。後半はやたらとダイスを振っていました。

オーディンの祝祭。96対42で勝った。探検ボード1枚は埋まる。 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)が投稿した写真 –

オーディンの祝祭2戦目

今回試してみたのは、最速で家畜の繁殖状態を整え、大きめのタイルでボードを埋めるというやり方です。そのため、ワーカー4つのアクションで1ターン目から羊と牛を手に入れます。

次のターンから牛が繁殖するようになり、その次のターンで羊もそれに続きます。これにより、毎ターン大きめのタイルが産まれるようになります。

しかしこれは思ったほど上手くいきませんでした。

やはり家畜だけにかなりのワーカーが割かれますし、衣服を量産してもそこまで効率がアップする感じでもありません。それどころかタイルが結構あまってしまう有様で、生産しすぎの感じでした。

それに対して相手はかなりの職業カードを出し、それだけで19点も取っていました。わたしは得点が入るような職業カードがなかなか引けず、それで遅れをとります。

結果、90対76で2回目は負けました。

オーディンの祝祭2戦目。90対76で負けた。 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)が投稿した写真 –

2人で2戦遊んでみて

2人でもまったく問題なく楽しめました。1回目は説明から入ったので時間がかかりましたが、2回目は1時間40分ほどでした。

2人だとそこまでバッティングすることもないので、お互いに好きなことがしやすいです。

今のところは収入を重視したやり方なので、きっちり左下から埋めているのですが、その辺をルーズにしてマイナスだけ埋めるようにすれば、まだまだ違ったやり方ができそうです。

現時点で強力だと思うのは、やはり移住です。移住自体の得点が高いですし、饗宴の食料も軽減されます。船自体はそこまでコストが高くないですし、銀貨に余裕ができればフリーアクションで買うことも可能です。そう考えると、だいぶ強いのではと感じています。

とりあえずまだAデッキしか使ってないので、次回は別なデッキも試してみたいです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)