[ボードゲーム] 170218 ドミニオン

近くまで来た知人がうちに来ると連絡があったので、急遽ふたりでドミニオンをすることにしました。使用しているカードは基本、陰謀、異郷の3セットで、サプライはランダマイザーで作っています。

ドミニオン 連戦

1戦目

村、庭園、魔女、市場、手先、貧民街、偵察員、鉱山の村、神託、地図職人

さまざまな種類のカードがほどよく入っており、やりやすかったです。単純に金を強化して属州を買っていく自分に対し、相手は庭園を買いまくり、まったく異なったデッキになっていきます。8枚中7枚の属州を買ったのでさすがに勝ったかなと思ったのですが、同点でした。庭園、侮れませんね。

2戦目

研究所、祝祭、秘密の部屋、執事、仮面舞踏会、願いの井戸、鉱山の村、破壊工作員、香辛料商人、宿屋

執事の使い勝手の良さが光ります。ドローもしやすく、やりやすいサプライでした。仮面舞踏会や宿屋は一切使われませんでした。

3戦目

礼拝堂、庭園、密偵、議事堂、鉱山の村、鉄工所、拷問人、大使館、辺境伯、国境の村

割とえげつないカードが揃いました。拷問人に見事にやられます。

4戦目

堀、祝宴、議事堂、交易所、開発、よろずや、埋蔵金、辺境伯、街道

3コストなしのサプライです。3金以下だと銀貨か、または買わないかというシーンが多かったです。

5戦目

改築、鍛冶屋、議事堂、寵臣、ハーレム、開発、遊牧民の野営地、官吏、宿屋

今度は2コストなし、3コスト1枚という全体的に重いサプライです。ハーレムを入れて議事堂で手札を増やし、属州を狙います。

ドミニオン5連戦を終えて

前回、別な方と遊んだときにも思いましたが、ドミニオンはふたりでも全然楽しめます。むしろ、いろいろ試してみることが目的ならば、ふたりの方がテンポがよくていいかもしれません。よほど変なサプライじゃない限り、1戦1戦もそれほど時間がかからないので、ついつい繰り返して遊んでしまいます。

こうなってくると気になるのが他の拡張や英語版が出ている第2版です。ただ、まだ異郷もそこまで回数をこなした訳じゃないので、さらに手を伸ばすかどうかはなかなか悩ましいところですね。英語版を買ったら日本語版が出るという、ボードゲームあるあるも避けたいところです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)