[ボードゲーム] 170608 エルドラド、ネイションズ

いつも遊んでいるメンバーと以前にゲーム会で知り合った人を自宅に招き、平日夜のボードゲーム会を行いました。開始が23時で終了が5時過ぎだったため、終わる頃には外が明るくなっていました。

レギオンズ!

全員が揃うまで時間がありそうだったので、先日買ったレギオンズ!のスターターセットで遊んでみました。

初回ということで、ルールを確認しながら遊んだのですが、かなり独特なプレイ感です。大まかな流れはそこまでトリッキーではないのですが、使用したり、破壊されたりしたカードが墓地ではなく、何ターンか後に再登場するというのがかなり斬新です。

また、コストだけを先に支払っておき、効果を後で実行することができるというのも、他のTCGでは見たことがありません。

何とも不思議だなと思いながら遊んでいたのですが、全員が揃ったので途中で切り上げることにしました。

もう少しやってみないと、まだ何とも分かりませんね。

エルドラド

エルドラド4人戦 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


話題作ということで、まずはエルドラドを。

4人中3人は前回3連戦しましたが、1人が初プレイということでルール説明から行います。一度遊んでしまえばルールはさほど難しくなく、説明書を見ずともほとんどの説明が可能でした。説明を受ける方もゲーム慣れしている方だったので、すんなりルールを理解されていました。

今回選んだマップは初級の「最終ライン」です。

横長のマップで、終盤のコース取りが重要になってきます。

まずはお金カードを集め、そこからカードを2枚引く地図製作者を取り、カードアドバンテージで戦うやり方で望みました。徐々にいい手札が出るようになるものの、カードを集めるのに時間がかかりすぎ、コースをふさがれてしまいます。

結局、手札がムダになり、追い越すことができないまま、後ろにとどまる展開になりました。

もちろんそこから追いつけることはできず、そのまま負けてしまいました。

これで4回遊んだことになりますが、まだまだ繰り返し遊んでみたいです。マップによって必要なカードが異なり、取るべき順番も変わってくるので、しっかり状況を見極めないと勝つことができません。

時間もそれほどかからないので「まずはとりあえず」で遊ぶのにもちょうどいいゲームです。

ネイションズ(拡張込み)

せっかく来ていただいたので、普段はあまり出来ないような長時間ゲームをということで、ネイションズを遊んでもらいました。前回ネイションズを遊んだのは今年の1月なので、約半年ぶりのプレイです。

基本から数えると10回以上遊んでおり、自分にとってのオールタイムベストともいえる作品です。これまで10人くらいにルール説明をしていますが、うち2人が拡張込みで購入しました。

今回はエチオピア、ポルトガル、ペルシア、エジプトの4人戦です。
難易度は資源4、資源3、資源2、資源2で設定しています。わたしはエジプトを担当しました。

何度かに1度訪れる、全然青色の生産建物が出ない展開で、ほとんど拡大再生産を感じられない流れになりました。この辺のキツさもネイションズの醍醐味のひとつです。

序盤は赤い軍事が出ず、軍事力をもたない国家はただただイベントで損害を受けます。途中でわたしはもう出ないならいっそ切り捨てようと思い、ついやってしまう軍事力無視の展開になります。途中、チェンチェンイツァも手に入れ、自分で戦争を買い、損害を減らします。

食料が増産していかない展開でのピラミッドは厄介の一言で、そこに飢饉も加わり、エジプトの内政を圧迫します。毎ラウンド食料を使い切るか、1,2個残るという綱渡りで、労働者を増やす余裕がありません。仕方なく安定性で労働者を増やすのですが、安定性の建物も時代1のままで、そこに労働者が5個も割かれるという、何とも言い難い展開になりました。

終わってみると47対39対36対32という結果で3位でした。

初プレイの方からは「4時間うなりっぱなしの良いゲームで、身体に悪い」という感想を、もう1人からは「2回目だけど1回目よりもめっちゃ面白かった」という感想をもらいました。

長時間かかるため(この日はルール説明から入り4時間半)、誰にでもオススメできるゲームではないのですが、じっくり遊ぶことに抵抗ない人にはぜひ遊んで欲しいゲームです。使用できる国が多く、カード種類も豊富なので、決して同じような展開にならないのも大きな魅力です。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)