[ボードゲーム] 180121 グランドオーストリアホテル、アンドロイド:ネットランナーなど

この日は午後から2人で遊び、夕方から3人が合流しました。この前やってみて面白かったグランドオーストリアホテルと届いたばかりのアンドロイド:ネットランナー第2版を2人で遊び、それからアンロック!、ミニミゼール、イスタンブールなどを遊びました。

グランドオーストリアホテル


前回、あまりの面白さで2人で2連戦したのですが、この日もまた2人で2連戦しました。

1戦目は共通ボードで、2戦目は裏面をランダムで決めてプレイしました。

1戦目はスタッフとダイスが上手くかみ合わず散々な結果だったのですが、2戦目はすべてが上手くかみ合い部屋を残り3室のところまで埋めて192対145で勝つことができました。ここまで上手くいくのは今後なかなかなさそうです。

2人でじっくり遊びたいときにオススメのゲームです。

アンドロイド:ネットランナー

ネットランナーの入門デッキ。ランナーで勝った。 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


第2版が届いたので、さっそく説明書にある入門デッキを組んで遊んでみました。2人とも経験はあるのですが、久しぶりなので、ちょいちょいルールをおさらいしながらのプレイになりました。

以前の記事で第1版と第2版の記事の違いを書いたのですが、実際にやってみると入門デッキもだいぶ変わりました。第1版ではそのIDに基づいたデッキだったのですが、第2版の入門デッキはそれぞれ全色入った特殊な構成になっています。そのため、組むのもちょっと手間です。

わたしはランナーを使ったのですが、第1版同様こちらの方が有利と感じます。

入門デッキはいくつかの要素が省かれているため、コーポは能力を活かせないカードがあり、さらに不利になっている印象でした。

厚めのアイスを張られ長期戦になりましたが、後半で連続得点してランナーで勝ちました。

ルールを確認しながらということもあり、1戦で70分以上かかりました。

[ボードゲーム] アンドロイド:ネットランナー第1版と第2版の違いについて

2018.01.20

アンロック!

5人でアンロック!ミステリーアドベンチャーのノーチラス号の罠を遊びました。

4人は前作の3シナリオと今作の2シナリオをすでに遊んでいるので、まずは初プレイの方にチュートリアルをプレイしてもらいました。

ノーチラス号の罠は海底が舞台で、酸素の残量が残り時間となっており、本当に息苦しさを感じるほどです。途中何度かつまづき、ヒントを使っていたら、クリアしたときは星なしでした。

ポテトマン

1人が席を外している間、4人でポテトマンをプレイしました。

とりあえずルール説明をして、1ラウンド遊んだところで中断しました。

ミニミゼール

ミニミゼールやってみる。

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


Twitterで見かけたミニミゼールを4人で遊んでみました。

手札6枚、切り札なし、ビッドなしのトリックテイキングですが、得点が絶妙な配分になっており、非常に面白いです。シンプルなルールなので、トリックテイキングに慣れていない人にもオススメです。トランプ1組で遊ぶことができます。

イスタンブール

イスタンブール6対5対5対4で2位。 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


2つの拡張を入れた大バザーを4人で遊びました。

1人がイスタンブール自体を遊んだことがなかったため、ルールを最初から拡張まですべて説明しました。

始まってしまえば、やるべきことがいろいろ見えてくるので、見通しがいいゲームです。終了条件であるルビーが公開情報なので「今誰がリードしているか」が分かりやすいのもいいですね。

大バザーだと25種類ものアクションがあるので、基本よりはだいぶ複雑になりますが、その分、戦略が増えて展開の幅が広がります。1度全部入れた状態で遊んでしまうと、拡張なしで遊ぶことはもうなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。