[ボードゲーム] 180311 アルルの丘、ケプラー3042など

日本語版が発売されたばかりのアルルの丘の拡張を3人で遊んでみました。この日は、各自に時間の都合があり、最後までできないゲームもいくつかありました。

TZAAR

今日はツァール #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


まずはふたりで、ツァールを遊びました。

3種類あるうちの1種類の相手のコマをすべて取るか、相手が手番にコマを取れなくなると勝利です。

さすがに相手が初回ということもあり、序盤は優位かなと思っていたのですが、後半、うっかり1種類すべてを取られてしまい、負けてしまいました。

何度か遊んでいますが、なかなか勝ち筋が見えてこないゲームです。

ヒーローレルムズ

そのままふたりでヒーローレルムズを遊びました。

こちらも相手が初プレイだったのでルール説明から入りました。
ドミニオンやハートオブクラウンの経験があるため、すぐにルールは理解できていました。

いつも使ったことがない色をメインで組み立てたら、なかなか思ったように回らず、そのまま負けてしまいました。

ここでひとりが合流し、3人になりました。

アルルの丘 紅茶と交易

アルルの丘、時間の関係で途中終了。場所はエラいとる。 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


3人になったので、最近よく遊んでいるクランズオブカレドニアをやろうかと思い、ボードを広げてコマを並べ、いざルール説明と思ったら、アルルの丘の拡張が届きました。

タイミング的にはちょうどいいかと思い、並べたコンポーネントをすべてしまい、アルルの丘を遊ぶことにしました。

届いたばかりなので、まずはタイルを抜いたり、コンポーネントを整理しました。いろいろと要素が増えており、どのタイルを使うかを確認して、準備を完了しました。

3人ともアルルの丘は何度か遊んでいるため、とりあえず拡張で加わった要素について説明していきました。

もともと選択肢が多いゲームですが、さらに幅が広がったため、初めは途方に暮れてしまいます。それから久しぶりのため、旅の処理をどうすればいいのか忘れていました。

とりあえず2時間ほどやってみたのですが、ひとりの時間の都合もあり、そこで中断となりました。ちょうどそのタイミングでもうひとりが加わり、4人になりました。

リトルタウンビルダーズ

そこまで時間がかからないゲームをと思い、リトルタウンビルダーズを始めたのですが、自分以外が初プレイということもあり、結局1時間近くかかってしまいました。

そのため、用事があるひとりは最終ラウンドをやらずに中座しました。

残った3人で一応、最後までプレイしました。

ケプラー3042

ケプラー3042のインスト終わった。 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


ここから3人で、持ち込んでもらったケプラー3042を遊びました。

一通り説明してもらうと、手番ですることはそこまで難しくないことが分かりました。しかし、何をどうすればいいのかは見通しが立たず、さらに1ラウンド1アクションという展開の早さのため、思ったように進みません。

序盤、追加アクションを使わずに進めていたのですが、これはどんどんやった方がよかったですね。手数が全然足りません。

ルールはさほど難しくないため、繰り返し遊べばどうやって動けば良いのか分かってきそうです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)