[ボードゲーム] 180430 グランドオーストリアホテル、ニューベッドフォードなど

この日は5人だったので、まずはみんなでレジスタンス:アヴァロンをして、その後は2卓に分けて遊びました。

レジスタンス:アヴァロン

5人でレジスタンス:アヴァロン。 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


ひとりがレジスタンスは何度もやっているけれども、レジスタンス:アヴァロンは初めてということだったので、違いなどを説明しました。

最初はマーリンとパーシヴァルを入れてやってみました。

わたしはマーリンだったのですが、3人でクエストに行ったときに、たまたまパーシヴァルと一緒になり、そこで失敗がでたので、パーシヴァルが敵が誰か分かりました。そのため、以降、その人とクエストに行くのを露骨に嫌がったため、マーリンだと疑われます。

これが功を奏し、パーシヴァルが暗殺されて勝利となりました。

さっきのような状況になると青側がだいぶ有利なので、2回目はパーシヴァルを抜いてやってみました。

またもやマーリンで、特に目立った行動はしていなかったのですが、最後に暗殺されてしまい、負けてしまいました。3分の1で暗殺成功になるので、なかなか難しいところです。

さすがに5人だとバランスがあまりよくない気がしますね。

グランドオーストリアホテル

グランドオーストリアホテルとImprovement of the polis #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


ここからは2卓に分けて遊びました。こちらは2人でグランドオーストリアホテル、向こうは3人でImprovement of the POLISです。

相手は以前、4人でグランドオーストリアホテルを遊んだことがあるのですが、ルールをほとんど覚えていないということだったので、ルールをおさらいしました。さっそくこの前作ったリファレンスが活躍します。

今回は1と2の目があまり出ず、お互いに苦しい展開になりました。料理や飲み物がでないことには客を部屋に入れられないので、得点が伸びません。

わたしは5のダイスを使うと皇帝トラックが進むスタッフをプレイして、とにかく出せるだけのスタッフを出していくことにしました。そのおかげで、皇帝からペナルティを受けることもなく、その分の差が広がっていきます。

相手はケーキ不足に困っていたのですが、途中で引いたスタッフからケーキが4つ出るというラッキーがあり、何とか客を入れていきます。

終わってみると87対69と、案の上ロースコアでの勝負になりました。

それでも楽しんでいたようなので、2人用のオススメとしての揺るぎなさを実感しました。

ニューベッドフォード

ニューベッドフォード。25対24対24対21。 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


ひとりが帰ったので、4人でニューベッドフォードを遊びました。

今回は初めて拡張のボードを使ってみました。拡張ボードには新たなアクションスペースとして「スタートプレイヤーの獲得」が加わります。1stボーナスが3金なので、お金がなくなって詰むという可能性がだいぶ減ります。

これまで何度か遊んでみて、INNがだいぶ強力だと感じたので、代わりにStorehouseを入れました。Storehouseは木3か食料3かレンガ2を得るというシンプルな効果です。

前回は一切漁にでないプレイヤーがいましたが、今回はその逆で一切建物を建てないプレイヤーがでました。立て続けにめずらしいやり方を見ることができました。

わたしはみんなに使われそうな建物をいくつか作り、あとはクジラを捕りに出かけました。今回はみんなが漁に出たため、タイルを相当数引き、すべてのマッコウクジラが獲られました

漁専門のプレイヤーはしっかりマッコウクジラを獲っていましたが、建物を建てたプレイヤーも同数のマッコウクジラを獲ったので、単純に建物分の差がつきました。

終わってみると25対24対24対21となかなかの接戦でした。

どんなやり方をしても、それなりに勝負になるのが面白いところです。せっかくなので、いろいろな拡張の建物も試してみたいですね。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)