[ボードゲーム] 180515 エスノス、ザ・マインド、でんしゃクジラなど

この日届いた「でんしゃクジラ」と「究極のワンナイト人狼」をさっそく遊びました。究極のワンナイト人狼は4人でも面白かったので今後登場の機会が多そうです。他には以前話題になったEthnosを初プレイしました。

Ethnos(エスノス)

ETHNOS #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


少し前にTwitter上で話題になっていたゲームです。気になっていましたが、初めて遊ぶことができました。

4人全員が初プレイです。

カードをプレイして、コマを配置していく陣取りです。カードにテキスト効果があるため、それを上手く利用して、自分の都合がいいようにコマを置いていきます。

前半はどんどんコマが置けるのですが、置くための条件が後半につれて厳しくなっていくため、どんどんジリジリした展開になっていきます。

カードは12種類あり、そのうち6種類しかゲームで使用しないため、さまざまな組み合わせで遊ぶことができます。

時間もそれほどかからないので、陣取り要素があるゲームが好きな人にオススメです。

The Mind(ザ・マインド)

The Mind #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


4人中2人が経験済みです。

どんなものかやってみたいというリクエストがあったため、遊んでみました。

普段からこの4人で遊んでいることが多いためか、前回遊んだときよりも息が合い、レベル8まで行くことができました。この妙な一体感は他のゲームでは味わえませんね。

日本語版がでるようなので、気になる方はぜひそちらで遊んでみてください。

究極のワンナイト人狼

究極のワンナイト人狼 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


これから遊ぶ機会が増えそうな印象でした。

正体隠匿系は4人だとなかなか楽しめないですが、究極のワンナイト人狼は十分楽しめます。

「じゃ、おれが人狼だったから、あの人追放しよう」というセリフは他の人狼ゲームでは言えません。

役職による妙もあり、毎回違った展開になって楽しめます。

拡張も一緒に買いましたが、しばらく基本だけでも十分そうです。

でんしゃクジラ

麻雀のように手元でいくつかの組み合わせを作っていくカードゲームです。

絵柄が電車や動物、クジラと絵本のようなかわいさがあります。

電車の組み合わせが3枚以上というのが曲者で、これが分かっていないと「あれ?全部そろったのにあがれない」となってしまいます。

「ものすごく面白い!」というタイプではないですが、しゃべりながらずっと遊べそうな感じのゲームです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。