[小説] 陽気なギャングは三つ数えろ/伊坂幸太郎(祥伝社)

「陽気なギャングは三つ数えろ」はシリーズの三作目となります。前作から9年経ってからの発売だったので、書店で見かけたときはビックリしました。

陽気なギャングは三つ数えろについて

陽気なギャングシリーズは4人の銀行強盗がメインキャラクターです。

どんな相手でも嘘をついているかどうか分かる人間嘘発見器の成瀬、次から次へと言葉を繰り出して人を煙に巻く演説の達人響野、人間よりも動物を愛すスリの久遠、正確無比な体内時計をもつ凄腕ドライバーの雪子がチームを組んで銀行強盗を行います。

シリーズ三作目では、久しぶりに銀行強盗を行った彼らにゴシップ記者がまとわりつきます。記者の火尻は自分の記事で人が死んでもまったく意に介すことがないハイエナ記者で、銀行強盗と疑わしい彼らから何とか金を奪おうとさまざまな手口で彼らを脅します。

しかし彼らも一筋縄でいく相手ではありません。脅しもなんのそのでやり通すのですが、そこに消えたアイドルの宝島沙耶が加わり話は二転三転していきます。

ネタバレと感想

9年ぶりの新作ということで、見かけてすぐに購入したのですが、ずっと読まないまま10ヶ月ほど経ってしまいました。

短編集ではなく、一つのストーリーとなっており、しっかりとした伊坂節を楽しむことができます。ちりばめられた数々の伏線が終盤になって回収されていくのは相変わらずたまりませんね。「ああ、これがここでくるのか」というポイントがいくつもあります。

それから何と言っても軽妙なセリフのやり取りも大きな魅力のひとつです。思ったことをべらべらしゃべってしまい、自分が偉大な人物であると信じて疑わない響野と他のメンバーの冷めたリアクションも面白いです。

考えてみると小説を読むこと自体、最近なかなかなかったので、これをきっかけにまたいろいろ読んでみようかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)