[ボードゲーム] グリュックス 紹介

グリュックス(GLUX)は2~4人用の陣取りゲームです。各プレイヤーは袋からダイスの目が描かれたチップを1枚引き、ボード上に配置していきます。ボードには明るい色のエリアがあり、そこに置かれた目の数の合計でマジョリティを競います。

グリュックスについて

ゲームボードは両面仕様になっており、片面は3~4人用、もう片面は2人用です。ボード上には何カ所か明るい色のエリアがあります。

各プレイヤーは自分の袋を持ちます。その中にはダイスの目が描かれたチップが入っています。チップはサイコロと同様に表と裏を足すと7になるような組み合わせになっています。(1の面の裏は6、2の面の裏は5、3の面の裏は4)

手番ですることは、チップをゲームボード上に配置し、それから新たに1枚を袋から引くだけです。

配置できる場所は、すでに自分が置いているチップから目の数だけ直線に進んだところだけです。この際に進行方向上に他のチップがある場合は置くことができません。そのため、ゲームが進むと置ける場所がどんどん限られてきます。

たとえば、ボード上に自分の3のチップがある場合、次に置くチップはそこから直線で3マス進んだ4方向のいずれかになります。これから置くチップの目ではなく、すでに置かれているチップの目を参照することに注意しましょう。

もしチップを置くところに他のチップがある場合、その上に重ねて置くことができます。ただし、重ねられるのは1枚だけなので、すでにチップが重なっているところには置けません。置くのは他プレイヤーのでも自分のチップの上でも構いません。

これを繰り返し、すべてのチップを置ききる、または置く場所がなくなるまでゲームを続けます。誰かが置けなくなっても他のプレイヤーが置ける場合は、その人を飛ばして最後まで続けます。

ボード上には何カ所か明るくなっているエリアがあります。そこに置かれた目の数を合計し1位が4点、2位が2点を得ます。すべてのエリアの得点を合計し、もっとも得点が高いプレイヤーがゲームに勝利します。

先を見据えた一手をうつ

置いたチップの目の数だけ進むことになるので、先を見据えたチップを置く必要があります。うっかり間違えた手をうってしまうと手詰まりになりがちです。

ルール自体はシンプルで1度聞けば理解できます。しかし、やり始めると「これがこうなるから、そのためにはこれを置いて」と考えることがどんどん増えていきます。相手のチップの上に置いたり、侵攻を邪魔するように配置ができるので、直接攻撃要素は強いです。この辺り、苦手な人もいるでしょう。

プレイ時間は30分ほどなので気軽にプレイできます。袋から引くのに運要素はありますが、チップが3種類しかないので、そこまで運要素は強くありません。

ブロックスのようにお互いに邪魔をしつつ、されつつ自分の陣地を広げていくゲームが好きな人にオススメです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。