[ボードゲーム] ハゲタカのえじき 紹介

ハゲタカのえじきはバッティングゲームの代名詞的存在です。
メカニズムの名前としても使われており、「この辺は、ハゲタカ方式で行います」といった使われ方もします。

ハゲタカのえじきについて

ゲームは得点カードを取り合うことが目的です。得点カードは-5~10までの15枚あります。マイナスのカードを避けて、プラスのカードを獲得していき、終了時にもっとも合計得点が多い人の勝利です。

各プレイヤーは15枚のカードを持ちます。これには1~15までの数字が書いてあります。山札ではなく、手札となるので、すべてのカードを確認して構いません。

得点カードは裏向きの山札となっています。そこから1枚をめくり、そのカードを取り合います。

各プレイヤーは手札から1枚のカードを選び、全員同時に公開します。このとき、プラスの得点カードはもっとも大きな数を出したプレイヤーが、マイナスのカードはもっとも小さい数を出したプレイヤーが取ります。

そして、ここでバッティングが発生します。

同じ数字を出したプレイヤーたちはカード獲得に、からめなくなってしまうのです。

たとえば、山札からめくられた得点カードが10点だとします。もっとも得点が高いため、何とか手に入れたいカードです。

場には、15、15、14、14、13、10のカードが出ました。

15と14は同じカードを出した人がいるのでバッティングで無効です。そのため、カードを獲得するのは次に高い数字を出した13の人ということになります。

今度は-5点のカードが出たとします。

場には13、7、7、7、5、5のカードが出ました。

7と5はバッティングしているので無効です。そのため、13という大きな数字を出したにも関わらずマイナスのカードを取ってしまうことになります。

このバッティングこそがゲームのキモです。

ハゲタカのえじきの魅力

いかにバッティングを避けるか、いかにバッティングを狙うかが面白いゲームです。それがゲームのすべてと言っても良いでしょう。

思いがけないところでバッティングが発生すると非常に盛り上がります。

面白いゲームですが、プレイ時間はとても短いです。普通にやっても10分もかからないでしょう。慣れてくると1、2分で終わります。そのため、待ち時間を調整するにもちょっと足りないほどです。

学校の休み時間などに遊ぶのにちょうどいいかもしれませんね。

駿河屋で「ハゲタカのえじき」をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)