[ボードゲーム] HAWAII(ハワイ) 紹介

ハワイは2~5人用のボードゲームです。個人ボードである自分のエリアにさまざまなものを建築していき、多くの得点を獲得することを目指します。

ハワイについて

ゲームは5ラウンドあり、各ラウンドには2つのフェイズがあります。

  1. 族長の移動
  2. ラウンドの終了

族長コマをタイルからタイルへと移動させます。移動させる距離に応じて、足トークンが必要になります。族長コマを土地タイルへ移動させたら、そこにあるアイテムタイルを購入します。

購入したアイテムタイルは自分の個人エリア(コーナーボード)に配置します。コーナーボードの横列は村と呼ばれ、左端から順にタイルを置いていきます。同じ村に同じアイテムタイルを置くことはできません。

購入できるアイテムタイルには、ラウンド終了時にトークンがでるもの、資源を変換できるもの、ボーナス点をもたらすものなどがあります。

また、タイルの中には神タイルがあり、さまざまな恩恵をもたらしてくれます。

各ラウンド終了時には、トークンが補給され、条件を満たしていれば得点の機会があります。得られる得点はラウンドタイルに描いてあります。

5ラウンド終了時には最終決算を行います。プレイヤーのコーナーボードのボーナス点などを加点し、もっとも得点が多いプレイヤーの勝利です。

独特な形のボードで展開豊かな佳作

細々とした準備や処理があるものの、基本的にはコマを移動させて、そこにあるタイルを購入するだけなので、1度やり始めればスムーズに遊べます。自分の個人エリアにどんどん建物タイルが並んでいくので、見た目にも楽しいです。

どのタイルをどこに配置するかが悩ましく、どれから配置していくかでゲームの展開が変わります。得点方法もいろいろあるので、それぞれ独自路線で進めることができます。

プレイ時間も60~90分ほどと、長すぎず短すぎないちょうどいい長さです。言語依存もないので、その点でも遊びやすいです。ゲームボードはタイルを組み合わせて作るので、遊ぶ度に違った展開になります。

そこまで派手さはありませんが、要素が上手く組み合わさっており、しっかりボードゲームを遊んだという手応えがあります。トークンの見た目もかわいらしいので、初めてボードゲームを遊ぶという人の興味も引きやすいのではないでしょうか。

以前に作ったサマリーがあったので公開します。
ハワイサマリー(PDF)

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)