[ボードゲーム] アイスクール 紹介

アイスクールは指でプラスチック製のペンギンコマを弾いて遊ぶボードゲームです。プレイヤーは捕まえ役である風紀員とそれから逃げるペンギン生徒に分かれて、箱でつくられた部屋の中を飛び回ります。

アイスクールについて

最近ペンギンを見たプレイヤーが最初の風紀員になります。風紀員は交代で行い、すべてのプレイヤーが風紀員を1回ずつ行ったらゲーム終了です。

逃げ役のペンギンが行うことは魚がセットされている扉をくぐることです。扉をくぐると山札から得点カードを引くことができます。得点は1~3点まであります。手番で1点のカードを2枚公開することで、もう一手番追加で行うことができます。(カードは公開するだけなので、なくなりません)

魚が獲られる扉は3つあるため、それをすべてくぐることが逃げ役の目的です。

風紀員は逃げ役を捕まえることが目的です。逃げ役のペンギンにコマが当たると、そのプレイヤーから学生証カードを取り上げます。(学生証カードが取られてもゲームから脱落するわけではなく、そのまま通常通りゲームに参加することが出来ます)

風紀員は逃げ役すべての学生証カードを取ることが目的です。

逃げ役のペンギンが3つすべての魚を取得した、または風紀員がすべての逃げ役を捕まえたらラウンド終了です。ラウンド終了時に手元にある学生証カードの枚数だけ山札から魚カードを引きます。

風紀員をひとり一回ずつ行ったらゲーム終了です。手元にある魚カードの数字を合計し、もっとも合計値が多いプレイヤーの勝利です。同点の場合はカードの枚数が多いプレイヤーの勝利です。

思わずやってみたくなる華麗な動き

アイスクールの魅力はこちらの動画を見てもらうとよく分かります。こんなシーンを見せられたならば誰でも「やってみたい!」と思うのではないでしょうか。

実際にやってみると思いの外、難しいです。動画のように曲げるどころか、まっすぐ進むことさえ、最初はなかなかうまくいきません。けれども、思わぬところで予期せぬ動きをしたりするので、それだけで盛り上がります。

そして、思った以上に指が痛くなります(笑)

コマはいろいろな動きができるように中に重りが入っているため、力を入れて弾くとかなり痛いです。爪が長い人だと割れるかもしれないので注意が必要です。

今回は3人で初プレイしてみたのですが、「ここなら大丈夫だろう」というところで捕まったり、「もうダメだ!」というところで相手が別なところに行ってしまったりと盛り上がりました。

ビリヤードのように毎回打ちやすい場所に移動することになるので、ある程度広いところで遊んだ方がいいかもしれません。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。
ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。
最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。
他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。