[トランプ] ネイブ

ネイブは3人用のトリックテイキングゲームです。
簡単なルールですが、取るべきか取らざるべきかの見極めが重要なゲームです。

ネイブのルール

使用するカード

ジョーカーを抜いた通常のトランプ52枚を使用します。

カードの強さは、Aがもっとも強く、2がもっとも弱いという一般的な順番です。

ゲームの流れ

適当な方法で最初のディーラーを決めます。以降ディーラーは時計回りで交代します。

ディーラーは左隣のプレイヤーから1枚ずつカードを配っていきます。最後に1枚あまるので、それを表向けて置きます。このカードのスートが今回の切り札スートとなります。あまったカードは今回のプレイには使いません。

ディーラーの左隣のプレイヤーからリードします。以降は通常のマストフォローのトリックテイキングです。

点数

1トリック +1点
♥J -4点
♦J -3点
♣J -2点
♠J -1点

終了条件

合計で20点以上になったプレイヤーがゲームに勝利します。

ネイブを遊んでみた感想

トリックテイキングを遊んだことがある人ならば、簡単な説明だけで遊ぶことができます。ビッドなどの要素もないので、トリックテイキング初心者でも大丈夫そうですね。

トリックを取らない系のゲームだとハーツが有名です。あちらはとにかくマイナスのカードを避けることが重要ですが、ネイブは取ったトリックが点数になるので、基本的にトリックを取ることを目指します。しかし、あまり調子に乗って勝ち続けると、フォローできなくなったプレイヤーからマイナス点を差し込まれるため、その辺の見極めが大切になります。

特に切り札スートがひとりに偏ると、どんどんマイナス点を渡されてしまうため、かなりプレイングが難しくなります。かといって、トリックを取らないことには点数にならないので、勝つべきところで勝ち、負けるべきときには負けなくてはなりません。

今回のゲームではひとりが順調に勝ち続け、たった4ラウンドでゲームが終わってしまいました。(20対8対3でした)

Jの4枚さえ覚えておけば十分にゲームを楽しむことができます。トリック中も「あの人いきなりAでリードしたから、J持ってるんだな」という予想がつきやすいです。短時間で楽しめるので、ちょっとした空き時間にも楽しめそうです。ペッパーが好きな人に向いているかもしれませんね。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)