[映画] クロユリ団地

最近ホラー映画を見ることが多いですが、今回もまたホラーです。
スピンオフのドラマもあったようですが、そちらは見ていません。

クロユリ団地とは

前田敦子と成宮寛貴主演の邦画ホラーです。

謎の死が多発しているクロユリ団地に、主人公の明日香が引っ越してきました。
隣の部屋から変な音が聞こえたり、朝早くから目覚ましがずっと鳴っていたりと、迷惑に感じていたので、明日香はある日、隣の部屋へ訪れます。

部屋の鍵は開いており、中では1人の老人が孤独死をしていました。

それ以降、明日香の身の回りにおかしなことが起こります。

そこで明日香は老人の遺品整理をしにきていた特殊清掃員の笹原に自分に起こっていることを相談します。

果たして亡くなった老人が明日香に伝えようとしているメッセージとは?

クロユリ団地の感想(ネタバレ含む)


幽霊が突然現れて驚かす系かと思ったのですが、そんなことはなく、どちらかというと淡々とストーリーが展開していきます。

いろいろとツッコミどころがあるのですが、まずそもそも主人公の明日香が特殊な状況にあります。家族と一緒に引っ越したように話は進みますが、実は家族は全員死んでいます。この辺は団地とは関係ない要素です。

そして話のキーパーソンとなるのは、ミノルという少年です。

彼は以前事故で亡くなっており、その恨みでもって、団地の住人をとり殺しています。
(正確には遊び相手を求めており、彼の要求に応じていくと、だんだんと命を削られていきます)

明日香は事故で家族を失い、自分だけが助かった経験があり、常に自責の念があります。
そのため、ミノルの要求に応じてしまい、どんどん様子がおかしくなっていきます。

幽霊の望みに応じて、だんだんと様子がおかしくなるというのは昔からよくある手法ですね。

笹原は明日香を救うために、知り合いの霊媒師に頼みます。
お祓いをするため、絶対にドアを開けてはならないと言われたのですが、あろうことか笹原がドアを開けてしまいます。

それにより、笹原は殺され、霊媒師はミノルの霊力の強さに吐血します。(その後が描かれていませんが、命を失ったのかもしれません)

そして明日香は気が触れてしまい、家族を失った事故の前の自分に幼児返りしてしまいます。

なんというか、誰も救われないまま、物語は終わります。
爽快感もなく、ストーリー上の面白さも特にありません。
ちなみに老人が明日香に伝えようとしていたメッセージは、このままいくとミノルに殺されるぞという内容です。

もっとも印象深かったのは「キンタロー。の声って、本当に前田敦子に似ているんだな」ということですかね。

 

2 件のコメント

  • こんにちは。いつもコメントありがとうございます、トモォゥです。
    クロユリ団地は、映画館まで見に行きましたが、残念な出来でしたね。
    怖くないのが致命的。ミノルという子どもの霊はインパクトに欠けているように思えました。
    自分、かなりホラーは見るほうですが、最近の邦画ホラーでヒットしたのは、超展開の「カルト」です。ぜひご鑑賞ください!

    • コメントありがとうございます。

      「カルト」は確か「ノロイ」の監督でしたよね。
      「ノロイ」がすごく好きなので気になっていました。
      今度近くで探してみます(^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)