[ボードゲーム] LYNGK(リンク)紹介

LYNGKは2人用アブストラクトゲーム、GIPFプロジェクトのひとつです。現時点での最新作に辺り、市リースの他のゲームと異なり、カラフルなコンポーネントが特徴です。テーマは「ネットワーク」です。

LYNGK(リンク)について

白、青、赤、緑、黒の5色のコマ、8個ずつとジョーカーコマ3個をランダムにボードに配置します。さらに5色のコマ1つずつをボード横に置いておきます。

手番では1つのコマを動かし、他のコマの上に重ねます。コマが重なって、スタックになった場合はそれをまとめて動かします。

また、1手番で1色までを自分の色と主張することができます。(最大2色まで)色を主張すると、相手の色のコマは動かすことができません。

どちらの色ともなっていない中立色のコマは両プレイヤーとも動かすことができますが、自分より高いスタックには移動できません。

自分の色のコマはそれよりも高いスタックに移動ができる上、同色の上を直線移動してコマを動かすことができるようになります。

中立、自分のコマのどちらも同じ色のコマの上に重ねることはできません。

これを繰り返し、全色が異なる5コマのスタックが出来たならば、それをボードから取り除きます。これは一番上のコマの色のプレイヤーの得点となります。

どちらのプレイヤーもコマやスタックを移動させることができなくなればゲーム終了です。ゲーム終了時に得点が多いプレイヤーの勝利です。得点が同じ場合はボード上に残っている4コマのスタック数で勝敗を決めます。それも同じならば3コマ、2コマ、1コマと比べていきます。

なかなか先が見通せないゲーム

ゲーム中に自分の担当の色が決まるため、中盤はどちらが有利か分かりづらいです。かといって早々に自分の色を主張してしまうと、その色がつぶされてしまうため、どのタイミングで色を主張するかがゲームのキモとなってきます。

同じ色は重ねられないというルールがあるため、チャンスをつぶそうと思えば簡単につぶすことができます。そのため、なかなか5個を重ねて得点することはできません。

今回は初プレイ2人で遊んだのですが、1対2で勝負が決まりました。やってみた感じ、そんなに得点できるゲームではないので、このくらいの差で勝敗が決まるのではないでしょうか。

他のGIPFプロジェクトのゲームは2色(+α)の色しか使っていないのですが、リンクは合計6色あるため、見た目がかなりカラフルです。ただ、考えるべきことはいろいろあるため、他のGIPFプロジェクト同様かなり深みがあります。

かなり先を見通すのが難しいので、最初のGIPFプロジェクトのゲームとしては向いていないかもしれません。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。