[ボードゲーム] ミレニアム・ブレード 紹介

ミレニアム・ブレードは架空の世界のカードゲームプレイヤーとなり、世界王者になることを目指すゲームです。プレイヤーはカードの売買、合成、トレードをリアルタイムで行い、トーナメントに臨みます。パックを開けるときのワクワク感、デッキが思い通りいったときの爽快感などTCGの楽しさが詰まったゲームです。

ミレニアム・ブレードについて

各プレイヤーは個人ボードとブースターパック、キャラクターカード、売却マーカーを受け取ります。

その他にパックが並んだショップボード、カードを売買するための流通市場マットをテーブル中央に用意します。

今回使う山札を準備します。山札は必ず入る基本セットに加え、拡張セット11種類の中から5つ、プレミアセット9種類の中から4つ、マスターセット8種類の中から3つを組み合わせて作ります。(250枚くらいになるので、スリーブに入れているとひとつの山札では収まりません)

ゲームは以下の流れで行われます。

  • ラウンド1 デッキ構築
  • ラウンド1 トーナメント
  • ラウンド2 デッキ構築
  • ラウンド2 トーナメント
  • ラウンド3 デッキ構築
  • ラウンド3 トーナメント

3回目のトーナメントが終わるとゲーム終了です。

それまでの得点を合計し、もっとも高いプレイヤーの勝利です。

デッキ構築

デッキ構築はタイマーを用い、リアルタイムで行います。

構築フェイズは以下のような流れで行います。

  • 新たな資金とカードの獲得・属性メタの公開
  • 構築タイム7分
  • 新たなカード獲得・タイプメタ公開
  • 構築タイム7分
  • カード売却の終了
  • 構築タイム6分

7+7+6分の合計20分でカードを集め、デッキを組みます。

構築フェイズでは以下のアクションを自由に行います。

  • ショップからパックを購入
  • カードを合成してプロモを獲得
  • 流通市場にカードを売却
  • 流通市場からカードを購入
  • 他プレイヤーとトレード

カードのテキストを読む時間は制限時間に含まれます。そのため、次々と出てくる新しいカードのテキストを読みながら、どういったデッキがいいかを考えなければなりません。

また、デッキの他にコレクションという要素があります。これは同じシンボルのカードを集めることで勝利点がもらえるセットコレクションです。コレクションのカードは一度使うとなくなってしまうので、トーナメントのたびに新しいカードを集めなければなりません。

トーナメント

トーナメントはターンで行います。各プレイヤーは手札8枚の中から1枚をプレイします。任意でカードをプレイする前か後に1アクション行うこともできます。全員が6枚ずつカードをプレイしたら、RP(ランキングポイント)を合計します。RPの順位に応じて勝利点を得ます。

自分のRPを高めることが目的ですが、相手を妨害するようなカードもあります。さらにその妨害を防ぐカードもあるので、相手の考えを読みつつデッキを組む必要があります。

トレーディングカード大会シミュレーションカードゲーム

ミレニアム・ブレード5人戦。初プレイ。プレリリースありで68対61対51対50対49で2位。 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


マジック・ザ・ギャザリング、遊戯王、デュエルマスターズなどなど、TCG(トレーディングカードゲーム)を遊んだことがあるプレイヤーなら、まず間違いなくハマるであろうゲームです。

カードを眺めながらデッキコンセプトを考え、欲しいカードを求めてパックを開け続けたり、トレードしたり、シングル買いしたりしてデッキを組み、実際に相手と勝負してそのデッキを試すという一連の流れを1ゲームの中で体験することができます。

カードの種類は膨大で、その中から最適解を見つけるというのはかなり難しいです。さらに制限時間もあるので、理想のデッキを作り出すというのは至難の業です。そんな状況でも何とかデッキを組み、トーナメントで上手く勝てたときには喜びも大きいです。

今回は5人で遊び、全員が初プレイだったのですが、1プレイ4時間ほどかかりました。(ルール説明含む)

制限時間があるので、ある程度かかる時間は抑えられるのですが、どの順番でカードを出すかが重要なので、トーナメントに意外と時間がかかります。たとえ出す順番を考えていたとしても、相手のカードによって変更を余儀なくされることもあり、ついつい考え込んでしまうことが多いです。

8枚のデッキから1枚ずつ、6枚をプレイするだけなのですが、思った以上に悩みます。恐らく初回は、カードを出してから『あ、順番間違えた!』となることがよくあるでしょう。また、ほぼすべてのカードにさまざまなテキスト効果があるので、どういった効果なのか把握するのにも時間がかかります。

膨大なカードを眺めながら「あ、これいけるかも……!」というひらめきを感じるのはTCGならではの醍醐味です。さらに欲しいカードがあるのに、なかなかそれが出てこず「いや、このカードじゃないんだよ!」という歯がゆさを感じるのもTCGならではです(笑)

非常に面白いゲームなのですが、いくつか難点もあります。

1つがスペースです。

各プレイヤーの個人ボードにショップボード、流通市場マット、お金のサプライなどなど、置いておくものが多いので、かなりの広さが必要になります。(箱も大きいです)

もう1つが準備の大変さです。

13セットを組み合わせてシャッフルする必要があるので、それだけで時間がかかります。さらに終了時には、それをまた種類ごとに戻さなければならないので、これもまた大変です。

こういった難点もありますが、何度も遊びたく魅力に溢れています。また、カードの多さのおかげで何度遊んでも同じような展開にならず、リプレイ性も高いです。

TCGが好きな人、テキスト効果が苦手ではない人にぜひ遊んで欲しいゲームです。

こちらのページでルールの和訳とカードの和訳シールが公開されています。
奇跡家分館 和訳ルールの部屋

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)