[マンガ] ミリオンジョー/原作 十口了至:作画 市丸いろは(講談社)

もし社会現象を引き起こすほどの大ヒットマンガの作者が死んでしまったら?

大ヒットマンガ「ミリオンジョー」

週刊少年グローリーに連載されている大人気マンガ「ミリオンジョー」
最新刊の初版が500万部で、なおかつ発行部数累計は2億5000万部のモンスター級のヒットマンガです。
もはや世の中がミリオンジョーを中心に回っているといっても過言ではないほど大きな影響力をもっています。

作者の真加田は変わり者で、普段からほとんど人と接しません。
彼と面と向かって接することがあるのは担当編集者の呉井と、チーフアシスタントの寺師だけです。

ある日、真加田は心臓の痛みを訴え急死しています。

真加田の死がバレてしまうと自分の管理責任を問われると思った呉井は、真加田の死を隠したまま作品を続けることを決意します。

幸いミリオンジョーのストーリーは真賀田が膨大の資料を残しており、呉井は元々は漫画家を目指していたため、ネームを切ることはできると考えます。寺師も原稿のほとんどを仕上げていたため、2人が協力すればきっとバレないはずだと思い、越えてはいけない一歩を越えてしまいます。

必要なのは作者か作品か

作者が死んでもバレないというのは、ある意味かなりマンガ的だと思います。
一応、作者が孤児院出身で、身よりがないといった設定はあるものの、それでもまったく誰ともつながりがないというのは現実的には厳しいでしょう。

また、呉井の知り合いである岸本は、「危ない仕事の何でも屋」といった感じで、こちらも少々ご都合主義的な感じがあります。

しかし、テーマとしては非常に面白いです。

あなたがマンガを読む際に「これは本当に作者が書いているのだろうか」と思って、読むことはないでしょう。
もし若干の違和感があっても、読み進める人がほとんどだと思います。

二次創作と呼ばれる作品の中には、もはや作者と区別が出来ないほどのクオリティのものも少なくありません。

こうなってくると、作品そのものさえあれば、あとは作者がいなくても成立するのではという気もしてきます。現に現在のアニメやマンガの中にも作者が亡くなってしまっても、スタッフで続けているものもあります。

呉井は「完全な捏造ブツつくってやる!!」と意気込んでいますが、徐々にさまざまなところに綻びがでてきます。
果たしてどこまで真賀田の死を隠し続けられるのでしょう。
彼の企ては成功するのでしょうか。

こちらのモーニングのページで1話を読むことができます。
クセがある絵柄なので、まずはこちらでお試しを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)