[書評] 描くだけで毎日がハッピーになる ふだん使いのマインドマップ/矢嶋美由希

マインドマップという言葉をご存知でしょうか。
さまざまな書籍が出版されているので、ご存知の方も多いかもしれません。

マインドマップとは?

マインドマップとは、イギリスのトニー・ブザン氏が開発した手法です。
中央にメインとなるキーワードやイメージを据え、そこから放射状に枝が広がっていき、関連する言葉が乗せられていきます。そうすることで言葉の言葉の結びつきが強くなり、よりアイディアが広がりやすくなります。

さまざまなものに取扱説明書があるのに、脳に取扱説明書がないのはおかしいと感じたブザン氏は、いろいろと試行錯誤を繰り返しました。それがマインドマップへとつながっていきます。

記憶を定着させる方法として有名になり、現在ではビジネスシーンなどでも活躍しています。

ふだんからマインドマップを使おう

マインドマップというと、何やら大仰な手法のように思えますが、この本のコンセプトはタイトル通り、ふだんからマインドマップを使うというものです。

その例として、

  • 買い物メモ
  • 家族旅行の計画
  • 漢字練習
  • 大学受験
  • スケジュール管理

といった、誰にでも関連あるような身近なテーマでマインドマップが使われています。

たとえば、家族旅行の計画にマインドマップを用いれば、持っていくべきものも漏らさず出てきますし、やりたいことも事前にピックアップできます。また、旅行が終わった後でも、そのマインドマップを見ることで、当時の記憶が思い出されます。

マインドマップの利用

マインドマップを知っている人は多いと思いますが、実際に書いたことがあるという人は、それほど多くないと思います。

わたしはかなり前にマインドマップを知り、何度か書いてみたことがありました。
しかし、結局一時のものとなってしまい、それ以降活用することはありませんでした。

もう1度どんなものだったのか確認の意味も込めて、本書を読んだのですが、思った以上に活用方法がありそうです。

また、実際に描かれたマインドマップもいくつか掲載されており、それぞれの人によって描き方に違いがあることがよく分かります。

一見するとハードルは高そうですが、やってみるとそうでもありません。
むしろ描き始めると、思いの外すらすら進みます。

経験したことがない方は、ぜひ一度取り組んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)