[トランプ] ミニミゼール

ミニミゼールは3~6人用のトランプを使ったトリックテイキングゲームです。人数によって、多少ルールが違うようなので、今回は4人用のルールをご紹介します。切り札、ビッドなし、手札6枚のシンプルなトリックテイキングです。

ミニミゼールについて

使用するカード

通常のトランプから3~9とジョーカーを抜いた24枚を使います。

カードの強さ

 A K Q J 10 2 

ただし、2はリードで使うと最強になります。

ゲームの流れ

ディーラーが各プレイヤーにカードを配ります。配りきりなので、手札は6枚になります。

ディーラーの左隣からリードします。切り札なし、マストフォローのトリックテイキングです。トリック数によって得点が変わるので、何トリック取ったか分かるようにしておきます。

手札から最初のカードを出す前にロット宣言を行うことができます。この場合、「ロット」と宣言し、すべてのトリックを取ることを目指します。ロット宣言は他のプレイヤーがすでに宣言していても行うことができます

6トリック終わり、全員の手札がなくなったら得点計算です。

ロット宣言があった場合、成功すると12点を獲得します。(他のプレイヤーは0点です)失敗すると、宣言者が0点で、宣言者以外に6点が入ります。

ロット宣言がなかった場合は、取ったトリック数によって得点を獲得します。

トリック数
点数 6点 1点 2点 3点 8点 10点 0点

ディーラーは左隣のプレイヤーに移ります。

これを繰り返し、誰かが25点以上を獲得するとゲーム終了です。

トリックを取るか取らざるか

特に難しいルールはないので、トリックテイキングに慣れていない人でも問題なく遊べそうです。

面白いのが得点の取り方で、まったく取らないより4・5トリックの方が点数が高いため、高得点を狙うためには取りにいくことも大切になってきます。しかし、他のプレイヤーとしては5トリック取るならそのまま6トリックをどうぞと協力して取らせようとしてきます。

切り札がないため、他の人がスート枯れしていると、J辺りでも勝ってしまうのが何とも難しいところです。もともとのカードの数が多くないため、自分にとって重要なカード数枚だけでも記憶していると上手く展開できそうです。

今回はロット宣言こそなかったものの、6トリック獲得は何度か起こりました。相手がロットしているかどうかで、こちらの出すカードが変わってくるので、トリックテイキングの基本的な立ち回りを学ぶのにも役立ちそうです。

シンプルながら悩ましいトリックテイキングらしいトリックテイキングです。

今回のルールはTwitterで別府さいさんが公開していたリファレンスを参照しました。A4、1枚でルールがしっかりまとまっています。⇒ミニミゼール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)