名前にまつわる話。

131222_1

今日は、このゴクラクテンという名前にまつわるお話です。

名前の誕生

そもそも、このゴクラクテンという名前をつけたのは、高校生のころです。

当時、ショートショートや小説のようなものを書いていたわたしはペンネームとして極楽天という名前を使っていました。
そこまで深い意味はなく、白居易の字である白楽天をもじったものです。
電車に乗っているときにふと思いつき、そのまま語感が気に入り、その名前でいろいろ作品を書いていました。

友達と一緒に同人誌のようなものを作り、校内で印刷して配布などもしていました。
徐々に規模が大きくなってきて、いろいろと寄稿も集まり、それなりに好評も得ていました。

しかし、いろいろと問題が発生し、1年弱で仲間同士での活動は終了します。

名前の継続

校内での活動は終了したものの、個人的に創作活動は続けていました。

大学に入り、パソコンが使えるようになると、ホームページ作成を覚え、自分の作品を公開するようになります。
そこから、無料サイトでの公開が何年か続きます。

同じような創作サイトと交流をもちながら、リンク数なども増やしていきました。

あるとき、月額数百円で広告がないサイトが作れるということを知り、新たなサイトが誕生します。
ちなみに当時はGoLiveというソフトを使っていました。

1週間に1作という、今だと考えられないほどのペースで新作を公開し続ける日々が続きます。

ブログの登場

何年かして、ブログが流行しだします。

とりあえず、わたしも流行に乗り、その間にCSSなども学び、無料のテンプレートなども公開していました。
その頃使っていたのは、seesaaブログなどです。

この時期は、創作サイトだけでなく、いろいろなものに手を出していました。
携帯サイトなども作り、雑誌などにもちょこっと載っていました。
他にも自費出版のような形で、1冊の本も出しました。

晴天の霹靂

あるとき、何となく自分の名前である「極楽天」と検索してみました。

そして愕然。

「極楽天」というアダルトサイトが誕生していたのです。

そのときの衝撃たるや、いわずもがな。
全身がカッと熱くなりました。

まさか、自分の名前がアダルトサイトに使われる日が来ようとは思いもしませんでした。
しかも、それなりの規模のサイトで、もはや検索の上位は独占されてしまっています。

これには参りました。

以後、検索されることを想定するならば、何とかしなければなりません。

当然、思いついたのが改名です。
こうなった以上、極楽天と名乗り続けるのには抵抗があります。

実被害として、わたしがそのアダルトサイトを運営しているのではという疑いをかけられたこともありました……。

そこで、サイト名であった極楽堂と名乗ろうかとも考えました。
または思い切って、まったく新しい名前にしようかとも。

しかし、もはや10年以上その名前を使っていたこともあり、愛着もあります。
簡単に捨てられるようなレベルではありません。

ゴクラクテンへ

苦肉の策として考えたのが、カタカナのゴクラクテンにすることでした。

この「ゴクラクテン」で検索すると何とか上位ページにアダルトサイトが来ることはなくなるのです。

それがわかり、以後いろいろなサイトで、このゴクラクテンという名前を使うようになりました。
もはや第2の名前、といった感じで、ゲームでもこの名前を使っています。

その甲斐があり、検索した場合の上位はほとんど自分で占めることができました。

と、このようにいろいろあり、極楽天からゴクラクテンへと表記が変わったのでした。

後はこれからもっと知名度をあげて、また変なことにならないように願いたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)