[映画] パプリカ

160409

パプリカは2006年に公開された日本のアニメーション映画です。監督は『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』の今敏で、原作は筒井康隆の小説です。

パプリカについて

人の夢に入り込み、患者の治療を行うDCミニ。
その装置が何者かに盗まれてしまいます。

サイコセラピストの千葉敦子はDCミニの開発者でもある時田と、彼女が勤務する精神医療総合研究所の所長とともに、DCミニを取り戻そうとします。しかし、すでに何者かによる侵略は始まっており、夢を侵略された人々が不可解な言葉を口にして、次々と暴走してしまいます。

何とかして暴走の元凶をつかもうとするのですが、事態はどんどん悪化していき、やがて夢が現実を侵食し始めてしまいます。

果たして犯人の目的は何なのでしょうか。

ネタバレと感想

アニメーションがキレイなのはもちろんなのですが、夢の世界が舞台のため、かなりトリッキーな演出になります。人の夢から別の人の夢へも入ったりするので、何が何だか分からないような状況もあります。

全体的なイメージとしては緻密なストーリーを楽しむというより、スピード感や幻想的な世界観を楽しむ映画といった感じです。

一応黒幕の設定もしっかりとあるのですが、伏線らしい伏線もなく、そもそも登場人物がそこまでいないので「まぁ、そうだろうな」という感じです。「実はあれがあれだった!」といった驚きはほとんどないですね。

ストーリーよりも世界観重視なので、好みが分かれそうなところです。

結局氷室がどうなったのかといった細かいエピソードはほとんど開かされないので、この辺りは原作にはしっかり描かれているのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)