[トランプ] パスカットラン

パスカットランはトランプを使った2対2のチーム戦のトリックテイキングです。作者は他にもさまざまなゲームを創作されているりかちさんです。パートナーが正面ではなく隣に座ったり、カードを出す順番が途中で変わったりする一風変わったゲームです。

パスカットランについて

使用するカード

ジョーカーを抜いた通常のトランプ52枚です。

カードの強さ

 A K Q J 10 … 3 2 

ゲームの流れ

適当な方法でディーラーを決めます。

ディーラーは自分の左隣から順番に1枚ずつカードを配っていきます。カードは配りきりなので手札は13枚です。ディーラーは最後に自分に配るカードを公開し、それがそのラウンドの切り札になります。切り札を決めたらそのカードは手札に戻します。

各プレイヤーは相談せずにパートナーに2枚のカードを渡します。
渡すカードは相手からもらうカードを見る前に選びます。

ディーラーの正面のプレイヤーからリードします。ゲームは切り札あり、マストフォローのトリックテイキングです。

ただし、出す順番が変則的です。

カードを出す順番は、自分がカードを出したときに、必ずパートナーが4番目になるように変化します。そのため、リードする人によって右回りか左回りかが変わります。

得点はトリックごとに入ります。

トリックを取った人 得点
パス パートナー 4点
カット 自分の2つ隣 3点
カット 自分の1つ隣 2点
ラン 自分 1点

これを全員のカードがなくなるまで繰り返すとラウンド終了です。

そのまま得点計算をして1ラウンドでゲーム終了にしてもいいですし、全員がディーラーを1回ずつ行い4ラウンドの合計点で競ってもいいです。

上手くパートナーに勝たせるには?

パスカットラン #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


チーム戦のトリックテイキングゲームは、いくつか遊んだことがありますが、中でもパスカットランは変わっています。

ラウンド中にカードを出す順番が変わるというのは、かなりめずらしいです。

このゲームのとてもよくできていると感じる点は、そのカードにどのような意味があるかを考えやすいということです。

わたしはトリックテイキングというのは、カードによる対話だと思っているので、このゲームでは、それが強く実感できます。

相手からもらったカードにはどんな意味があるのか、このカードを出すとパートナーは何を出すのか、自分に有利なカードを出してもらうためには何を出せばいいのか、などなどゲーム中は考えるべきことがいろいろあります。

そのため、相手の意図が上手く読み取れれば連続してパスとランが続き、一方的にトリックを取り続けることができます。

もし「トリックテイキング力」というものがあるならば、それを上げるのにもってこいのゲームではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。