[トランプ] ポートランド

ポートランドは各自がトランプ1デッキを使って遊ぶ、ポーカーのようなゲームです。ねらった役が揃うまで、カードをめくり続けることができますが、あまり引きすぎると後半、戦えなくなってしまうのが特徴です。

ポートランドについて

2~5人用ですが、トランプが用意できればそれ以上の人数でも遊べます。人数は少ないよりも、多い方が盛り上がります。

各自がジョーカーを抜いた52枚のトランプデッキ1組を用意します。

デッキをよくシャッフルしたら、それを山札とします。

まず、そこから5枚を自分の前に公開しておきます。これが最初の手札です。
5枚めくるのは全員一緒で構いません。

全員が手札を確認したら、スタートプレイヤーが山札から1枚引きます。

選択肢は2つです。

1.手札を上書き

引いたカードを手札5枚のうち、どこかの上に重ねておき、上書きします。

2.パス

引いたカードを捨てて、そのラウンドはパスします。

カードを1枚引いたら次のプレイヤーと交代します。上書きした場合は再び手番が回ってきたときに、上記のいずれかを選びます。

これを繰り返し、全員がパスしたらラウンド終了です。

ここで全員の手札の強さを比べます。

役の強さは一般的なポーカーとほぼ同じで、

  1. ストレートフラッシュ
  2. フォーカード
  3. フルハウス
  4. フラッシュ
  5. ストレート
  6. スリーカード
  7. ツーペア
  8. ワンペア
  9. ハイカード

の順番です。

同じ役ならばランクが高い方が強いです。

使ったカードはすべて捨てられるので、途中でめくる枚数が多いと、終盤足りなくなってきます。

もし手札が5枚に満たない場合は最弱の扱いとなります。もし4枚残っていて、そこにワンペアなどができていたとしても、それは無視します。

順位が決まったら得点計算です。
得点はラウンドによって異なります。

もらえる得点は
(プレイヤーの人数ー自分の順位)×現在のラウンド数
です。

たとえば、5人で遊び、3ラウンド目に2位だった場合、(5ー2)×3で9点になります。
最下位はどのラウンドでも0点です。

これを全6ラウンド行い、もっとも得点が高いプレイヤーの勝利です。

これぞトランプガチャ!

ポートランド5人戦

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


やういちさんの「ゲームばっかりやってないで」で紹介されていたゲームです。(参照:ポートランド)作者はクニツィアだそうです。

トランプガチャという名前がぴったりのゲームで「きっと出るはず……」と思って引き続けると、泥沼にハマっていきます。その分、上手いこと役が揃ったときの喜びもひとしおです。

今回は未使用で眠っていたトランプも取り出してきて5人で遊んでみました。

後半につれて得点が高くなっていくため、みんなが途中のラウンドをセーブし、最終戦で一気に勝負という展開になりました。

わたしを含めた3人がずっと引き続けたのですが、しっかり役が揃ったのは自分のフルハウスだけで、他の2人は最後まで引き切っても望んだカードがでませんでした。「あるはず!」と思って引き続けて、結局ない辺りが何とも無情です(笑)

しかし、わたしは途中のラウンドで0点が多かったので、最終結果は2位でした。5ラウンドくらいからもっと勝負をかけてもよかったですね。

めくったカードすべてをカウンティングすれば、かなりガチなゲームになりますが、そういった雰囲気ではないです。出た出ないで単純に盛り上がるゲームだと思います。

役のリファレンスさえあれば、誰でも簡単に楽しめます。
ただ、トランプを人数分用意するというのが、ちょっと難点ですね。

今回、買ってはみたものの、今まで使ったことがなかったトランプをいくつか使ってみたのですが、やはりデザイン重視のものは見づらいということがよく分かりました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。
ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。
最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。
他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。