[ボードゲーム] SCYTHE(サイズ)各勢力の特徴

160726

SCYTHEでは5カ国が使用可能ですが、それぞれに特徴があり、戦略の立て方なども変わってきます。能力は通常ルールを破るものが多く、それを知っておくことで改めて通常ルールを確認することができます。

[ボードゲーム] SCYTHE(サイズ:大鎌戦役) 紹介

2016.07.21

SCYTHE(サイズ)各勢力について

ロスヴィエト連邦(RUSVIET)

ロスヴィエトは国民に過酷な労働を課す国家です。
キャラクターはオルガ・ロマノヴァとシベリア虎のチャンガです。

勢力固有能力は冷酷で、直前の手番のアクションエリアを連続して選ぶことが可能です。

メック配備によって解放される能力は群区管理と人民軍です。群区管理は自分の支配する村はすべて隣接している扱いになり、なおかつファクトリーとも隣接している扱いになります。人民軍は戦闘の際にワーカーが巻き込まれていると、戦闘カードを追加で1枚出すことができます。

群区管理により、先にファクトリーにつきやすいため、強力なファクトリーカードを手に入れやすいです。また人民軍もなかなかの強さです。

固有能力により連続移動が可能なため、敵を急襲しやすいです。

バランスが取れた能力でどれも使いやすいため、初めて使う勢力としてもオススメです。

クリミア汗国(CRIMEAN)

クリミアは上手く情報を扱うことを生業としています。
キャラクターはゼラと鷹のカーです。

勢力固有能力は弾圧で、手番に1度、戦闘カードを好きな資源1個に変えることができます。

解放される能力は遠駆けと斥候です。遠駆けは移動の際に誰も使っていない本拠地に移動することができます。斥候は戦闘の際に相手から戦闘カードを1枚ランダムで奪います。

サイズではそこまで戦闘が起こらず、なおかつ戦闘カードはあまっていても得点に関係しないため、それを上手く資源として活かすことができます。4資源を満遍なく産出するのはなかなか骨が折れるため、好きなタイミングで好きな資源を得られるのはメリットが大きいです。

ノルディック王国(NORDIC)

ノルディックは泳ぎに長けた国です。
キャラクターはビヨルンとジャコウウシのモックスです。

勢力固有能力は水泳でワーカーが河を渡って移動することができます。

解放される能力は航海適正と砲術です。航海適正はキャラクターとメックが湖へ移動することができるようになります。さらに退却の際に本拠地ではなく、隣接している湖へ戻すことができます。砲術は自軍の戦力を1下げることで相手の戦力を2下げることができます。

河が渡れるためワーカーを広げやすいので、早めに産出できる資源の種類を増やすことができます。しかし、他の能力はそこまで強力ではありません。

ポラニア共和国(POLANIA)

ポラニアはキャラクターのアンナと相棒の熊のヴォイテクが大冒険をする国です。

勢力固有能力は放浪で、遭遇カードの効果を選ぶ際に2つを選ぶことができます。

解放される能力は潜水と友愛です。潜水はノルディックの航海適正のように湖への移動を可能にします。さらに湖から湖への移動ができるようになります。友愛は戦闘終了時に相手のワーカーを退却させたとしても民心が下がりません。

勢力固有能力も解放される能力も強く、かなり使いやすい勢力です。遭遇カードは基本的に良いことしか起こらないため、その中の2つを選べるというのはかなり強力です。また、戦闘の相手にワーカーがいても民心が下がらないため、躊躇なく最後のとどめとして戦闘を行うことができます。

ロスヴィエトと共に初めて使うのにオススメの勢力です。

ザクセン帝国(SAXONY)

ザクセンは戦闘に特化した国家です。
キャラクターはギュンターと狼のナハト&タークです。

勢力固有能力は征服で、目的カードを2枚とも達成することができる上、戦闘での勝利による星トークンをいくつでも配置することができます。

解放される能力は地下通路と武装解除です。地下通路はキャラクターとメックが移動する際、すべての支配している山地はトンネルと隣接している扱いになります。武装解除はトンネルでの戦闘の際に、相手の戦力を2下げます。

ザクセンはかなりトリッキーな勢力のため、独特なやり方が必要となります。目的2つと戦闘4つで上がることが可能なため、戦闘だけやっていても勝てる可能性があります。サイズではあまり戦闘が起こりませんが、ザクセンは積極的に戦闘を仕掛けてくるため、しっかりとそれに対抗する準備が必要です。

サイズでのオススメの勢力

5つの勢力のうち、使いやすいのはロスヴィエトポラニアだと思います。他の勢力の動きをあまり気にせずに能力を活かすことができます。ロスヴィエトの連続して同じアクションが使える能力とポラニアの遭遇のうち2つを選べるのは使っていても、見ていても強力だと感じました。

湖への移動できる能力はなかなか面白いのですが、ノルディックポラニアの2つが入っていると、どちらも湖へ入ってくるため、あまり強みを活かせません。

それぞれ個性が異なるので、どれかが一強という訳ではありません。強い国があってもプレイ中に他のプレイヤーと結託すれば十分に対抗可能です。

また、プレイヤーマットとの組み合わせでも強さが変わってくるので、遊ぶたびにいろいろな発見があると思います。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)