[ボードゲーム] 駿河屋でボードゲームを売ってみた

141226

ボードゲームを趣味としている人の多くが収納場所に困っているのではないでしょうか。
(参照:趣味としてのボードゲームのメリットとデメリット
そういう自分も、さすがにそろそろ置くスペースがなくなってきたので、今回いくつか手放すことにしました。

ボードゲームを売る

ボードゲームを売る方法というのはいくつか考えられます。

友人・知人に譲る
オークション
フリーマーケット
リサイクルショップ

さすにが海外製のボードゲームをリサイクルショップに持ち込む人は少ないでしょう。
メジャーなのは、やはりヤフオクなどのネットオークションかもしれませんね。

しかし、わたしはオークションサイトを利用したことがないため、今回は駿河屋で売却することにしました。
1,500円以上のお買い上げで送料無料!通販ショップの駿河屋

駿河屋といえば、新品のボードゲームが激安で売られていることでも有名です。
最近のボードゲーム業界に大きな影響があることは間違いないでしょう。

ここではボードゲームを売っているだけでなく、買取も行っています。

駿河屋での買取方法

買取方法は、「あんしん買取」と「かんたん買取」の2種類があります。

大きな違いとしては、
「あんしん買取」は、見積もり価格を確認してから発送
「かんたん買取」は、発送してから見積もり価格を確認(確認なしで入金も選べます)
といった感じです。

今回わたしが利用したのは「あんしん買取」です。

申込から入金までの具体的な流れ

実際に利用してみてどのような感じになったのか、申込から入金までの具体的な流れを書いていきます。

水曜日

ネットで査定申込。
売りたい商品を選び、合計金額を把握。
必要事項を記入し、指示に従って買取申込書を印刷。
サインを記入して捺印。
本人確認として免許証のコピーを利用。

木曜日

見積価格の確認メールを待つ。
この日はメールがなく、「あれ、先に梱包して送るんだっけ」と不安になり再度確認する。

金曜日

確認メール到着。
申込時と同じ金額だったので梱包へ。

土曜日

見積価格が3,000円以上の場合、ゆうパックを利用すると着払いで発送可能。
しかし、近くの郵便局は土曜は郵便業務をしていないため、ローソンから着払いのゆうパックで送ることに。

店頭で送り状を記載し、発送。

日曜日

荷物が到着した旨のメールが届く。
これから実際の査定に入るよう。

月曜日

査定金額のメールが届く。
申込時と同じ額で、減額などはなし。

「自動承諾」にしているため、そのまま入金作業へと移行。
「自動承諾」にしていない場合、金額に納得できなければ、ここでキャンセルすることになる。

火曜日

何もなし。

水曜日

送金処理完了のメールが届く。
振込の名義は「カ)エーツー」だった。

駿河屋にボードゲームを売ってみた感想

以前に一度利用したことがあったのですが、そのとき同様、今回も特にトラブルはありませんでした。
申込から入金まで1週間ほどといったところですね。

一度本人確認をすると、本人確認番号が発行されるため、次回、身分証明書の提示はいらないようです。
これは前回利用したときにはなかったので、新しく加わった機能なのでしょうか。

ボードゲームは、まだまだマイナーなため、近くで売るのはなかなか難しいです。
このようにネットを利用して、確実に売れるのは便利ですね。

また増えてきたら、利用したいと思います。

最新作から数十年前の作品まで!なんでも買い取ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)