[トランプ] スカートのビッドについての解説

スカートはドイツでもっともポピュラーなトリックテイキングです。
トランプを使った3人用のトリックテイキングで、わたしも好きなのですが、ビッドの難しさが遊ぶ上での難点です。
そこで今回はスカートのビッドについて解説していきます。

スカートにおけるビッド

スカートはソロイストと呼ばれる1人と他2人の対決になります。ソロイストになるかどうかはビッドによって決まります。

どのくらいのビッドが可能かは、自分の手札を見て考えなくてはなりません。ルール上、相手の手札を見ることはできないので、他プレイヤーはビッドに対するアドバイスができません。このためビッドが正確に理解できていないと、トリックが終わってから「実は不可能なビッドだった」ということが起こります。

この点がますますスカートを遊ぶハードルを高めてしまっています。

ビッドさえ理解できれば、あとは通常のマストフォローのトリックテイキングなので、それほど難しくはありません。

ビッド用語

ビッドは、ゲームの種類の基本点と達成点をかけた数字です。

スカートのゲームの種類

スートゲーム

クラブ、スペード、ハート、ダイヤのいずれかを切り札にしてゲームを行います。どのスートが切り札であっても、ジャックは切り札スートとして扱います。

スートゲームの基本点は、ダイヤ9点ハート10点スペード11点クラブ12点です。

ウベア(オープン)

手札をすべて公開し、全トリック取ることを目指します。

グラン(グランド)

ジャックだけが切り札となります。

グランの基本点は24点です。

ヌル(ミゼール)

1トリックも取らないことを目指します。切り札はなく、カードの強弱も通常ゲームと異なります。

スカートの達成点

ゲーム(シュピール)1点

ソロイストになると最低でも1点が入ります。

ウィズまたはウィズアウト(トップ) 各1点

切り札をどれだけ連続して持っているか、または持っていないかです。これについては後述します。

ハンド

2枚のスカートを見ないことでつきます。

シュナイダー 1点

90点以上を獲得して勝つ。

シュナイダー宣言 1点

ゲーム開始前にシュナイダーで勝つことを宣言する。

シュワルツ 1点

全トリックを取って勝つ。

シュワルツ宣言 1点

ゲーム開始前にシュワルツで勝つことを宣言する。

ウベア 1点

手札を公開し、全トリックを取って勝つ。

逆シュナイダー 1点

ソロイスト以外の2人の合計が90点以上。

逆シュワルツ 1点

ソロイストが1トリックも取れない。

以上の点数を合計したものが基本点です。

ウィズまたはウィズアウトの説明

ウィズはどれだけ切り札を連続して持っているか、ウィズアウトはどれだけ切り札を連続して持っていないかによって決まります。

たとえば、ハートのスートゲームの場合、切り札は強い順に♣J、♠J、♥J♦J♥A♥10♥K♥Q♥9♥8♥7です。

もしあなたの手札に♣J、♠J、♥J♦J♥Aがある場合、強い順に5枚連続で切り札を持っているので、ウィズ5となります。

では、手札が、♠J、♥J♦J♥Aの場合はどうなるでしょうか。

この場合、一番強い♣Jがなく、次の強さの♠Jがあるので、ウィズアウト1となります。

切り札をただ何枚持っているかではなく、連続して何枚持っているかということに気をつけて下さい。

それでは、♣J、♥J♦J♥Aならばどうでしょう。

この場合、もっとも強い♣Jはありますが、2番目の♠Jがありません。ですので、ウィズ1ということになります。

万が一、切り札をすべて持っていればウィズ11、すべて持っていなければウィズアウト11ということになります。もちろん、ウィズアウト11でソロイストに臨むのは無謀ですが……。

もう1つ注意点として、ハンドの存在があります。

スカートを見ないでゲームを行う場合、ハンドの達成点が入ります。しかし、たとえ見ないでゲームを行ったとしても、スカートは自分の手札という扱いです。そのため、ウィズアウト3だと思って臨んだゲームが、終わってみるとスカートに切り札があったことで、ウィズ1になってしまうこともあり得ます。それによりゲーム点が減ってしまい、ビッドが達成できないこともあります。

ゲーム点の計算例

あなたの手札は以下の通りです。この場合、どのくらいのビッドができるでしょうか。

skat_sample

まず、ウィズを見ます。♣Jがありますが、♠Jがありません。そのため、ウィズ1です。

クラブのスートゲームで、スカートを見ずにハンドゲームでいくとすると、(ゲーム1+ウィズ1+ハンド1)×クラブ12点で、36点までビッドすることができます。

グランドでスカートを見る場合、(ゲーム1+ウィズ1)×グランド24点で、48点までビッドすることができます。

もっと強気にグランド、ハンド、シュナイダー宣言でいく場合、(ゲーム1+ウィズ1+ハンド1+シュナイダー1+シュナイダー宣言1)×グランド24点で、120点までビッドすることができます。

この場合、もしスカートに♠Jがあったとしても、ウィズの数が増えるだけので、ビッドが足りなくなる心配はありません。

スカートのすすめ

スカートのビッドについて基本的なところを解説しました。少しでも理解の助けになれば幸いです。

ドイツでもっともポピュラーということもあり、とても面白いゲームなのですが、ハードルは決して低くなく、気軽に遊べるようなものでもありません。わたし自身も何度か遊んでみるまで、よく分かりませんでした。

カードごとの得点とゲーム点がまったくの別物というのも混乱の一因でしたね。この辺りもまた解説できればと思います。

スカートのルールは「トランプゲーム大全」に、15ページに渡って説明されているので、詳しく知りたい方はそちらをご参照下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)