[マンガ] たばたちゃん派

今回は、先日1巻が発売されたばかりのマンガの紹介です。

ほのぼの系4コマ

作者はいとしのムーコいいでん!などで有名なみずしな孝之です。

登場人物は、小さな女の子の「たばたちゃん」、たばたちゃんのママ、隣にある定食屋で働いている「ほさきさん」、それからネコの「ミヤビ」です。

たばたちゃんを中心とした世界が中心となっており、子供らしい発想や、思いつきなどが描かれています。

このマンガの特徴

このマンガにはあまりセリフがありません。
さらに言うと、主人公である「たばたちゃん」は言葉は発するものの吹き出しのセリフはありません。
いわゆる書き文字のような言葉だけを発します。

全体的に見てもセリフの数は少なく、間や行間を楽しむような構造になっています。

マンガは4コマや8コマで構成されており、中には一切セリフがないようなものもあります。

このような雰囲気のマンガ

小さい女の子が主人公のマンガとして、もっとも知名度が高いのはやはりよつばと! でしょう。
主人公の言動がとてもかわいらしく、読んでいてほのぼのするマンガです。

よつばと!は、セリフが占める割合がかなり大きめです。
主人公であるよつばは、絶妙なニュアンスの言葉遣いをすることがあり、それが面白さのひとつでもあります。

また、似たようなものとしてリューシカ・リューシカというマンガがあります。

こちらも主人公は小さな女の子であり、独特な言動をとることから、よつばとと似ているという意見もよく見られます。

しかし、たばたちゃん派は4コマということもあり、よつばとと似ているという感想をもつ人は少ないかもしれません。
共通項はそこまで多くもありませんし、そもそもたばたちゃんは目の形からいっても、そこまでかわいらしさを強調しているようなキャラクターでもありません。

日常を描いたもので、くすっと笑えるようなマンガを求めている人にお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)